NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

人生という船旅を迷った時「羅針盤」と「ポラリス」が必要な理由

ゴール(目標)。

設定していますか?

僕は一年のゴールを設定しています。

  • 仕事の目標は毎年4月更新
  • 人生の目標は毎年1月更新

このタイミングで一年ごとに目標を決めて突っ走っています。

そして、3ヶ月ごとに目標を分割し、それを1日ごとに落とし込みます。

僕の今の期間でのやるべきことは、読書1日3冊と、気づいたことでみなさんに提供できることをブログでアウトプットするということです。

ゴールを設定していると迷いがなくなるので、朝に頭がもやもやとしません。

爽やかに目覚めることができます。

 

ゴール(目標)の設定が大事な理由

ゴール(目標)の設定が大事なのは、「どの方向に向かって進めばいいか?」に迷わなくなることです。

要するに、生きるべき姿、自分がありたい姿、自分の目指す方向。

全ての自分の軸が決まるから迷いが出ません。

立命館大学に所属していたときに「知事リレー講義」といういものを受けたのですが、そこである元航空自衛隊のヘリコプターパイロットの知事が言っていたのを覚えています。

「ヘリコプターのパイロットは、空中を飛んでいると、どの方向にいけばいいかわかりません。だから、一旦、遠方目標を決めて、その間に中間目標を決めてその軸を飛ぶわけです。」

この感覚がわかった気が今します。

人間は方向がわからなくなると混乱します。

方向と軸を定めて、しっかりとブレずに飛びましょう。

ゴール(目標)はポラリス(北極星)を見ながら目指す

これは、親友でもあり相棒から教わった言葉です。

船での旅を想像してください。

夜。

真っ暗な太平洋の海のど真ん中。

周りは真っ暗。

あなたはどの方向に向かって船を進めますか?

人生は船旅と一緒です。

真夜中の太平洋のど真ん中のような何もないところでどの方向に進んでいいかわけがわからなくなることがあリます。

そんなとき、空を見上げるんです。

そうすると、星が見えます。

その中でもブレないもの。

それがポラリス(北極星)です。

船旅をしているとき、ポラリス(北極星)を軸に夜中に進路を決めていくわけです。

そのポラリスがあるから、あなたは夜中の真っ暗闇でどのような方向に進めばいいかわけがわからなくなっていても、前に進めます。

ゴールを決めていても方向がわからなくなる時があるでしょう。

そんな時、ポラリスを決めておいてください。

僕のポラリスは、自分の計画を決めて書いたGoogleスプレッドシートと、日々の進捗です。

人生の羅針盤を持つ

羅針盤。

何かわかりますか?

現代はGPSやGoogleマップなどが発達して、勝手に道案内してくれますが。

GPSやGoogleマップがなかった頃、人々は地図と羅針盤(方位磁石・コンパス)で道を決めていました。

羅針盤は常に北を指します。

その「北」という軸があるからこそ、自分が今、どの方向に向かっているのかを知ることができます。

地図と方向が分かれば、人生で迷わなくなります。

自分の現在地を確認し、方向を確認します。

これを自分に当てはめるなら、自分の決めた計画を書いたGoogleスプレッドシートが地図で、羅針盤は目標を共有している相棒と恋人と友達と家族と、職場のメンバーです。

そして、自分の日々の記録が羅針盤となります。

 

みなさん、人生に迷うときは一旦、ゴールを決めてください。