NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

HSPさんテレビがついている環境で刺激を減らす方法

テレビの刺激。

HSPさんにとっては辛いですよね。

僕もHSP気質なのですが、テレビはやはり辛いです。

それならばテレビをつけなくてもいいという声も聞こえそうですが、

リビングにいると、共有スペースなので、テレビを避けることができません。

では、テレビを避けるためには、どうすればいいか?

その方法を書きました。

 

HSPさんがテレビが苦手な理由

HSPさんはテレビが苦手です。

どうしてか?

映像と音声で刺激が強いからです。

テレビ番組は、HSPではない人に向けて人が興奮するような演出をしています。

テレビCMなどは特にそうです。

急に音量がアップし激しい効果音と共に盛り上げます。

この刺激は、HSPさんにとってはとてつもなく辛いわけです。

HSPさんは敏感すぎるので、テレビの映像や音声は刺激が強すぎるのです。

テレビを避けるには障害物を置く

テレビを避けたければ、テレビとの間に障害物を置きましょう。

僕はテレビと自分の間にタンブラーを置いて、テレビに壁を作っています。

テレビとの間に障害物を置くことで、テレビとの間に壁を作り、テレビを関係ないものとして認識するわけです。

こうしていると、テレビの音や映像をスルーするようになり、テレビの苦痛から逃れることができます。

HSPさんにはお勧めの方法です。

HSPさんが映像を楽しみたいならYouTubeで好きなものを見るのがおすすめ

HSPさんもテレビは苦手とはいえ、映像を楽しみたい時があります。

そういうときは自分が見たい映像を選択できる、YouTubeがお勧めです。

僕はYouTubeで自分の好みの映像を探し、それをプレイリストに入れてよく見るようにしています。

ちなみに、YouTubeでもCMが流れます。

そのCMも過激なものが多いのですが、そういうときはYouTubePremiumに入って、CMなしで映像を見ることができます。

ただ、なかなかお値段が高いです。

YouTubePremiumはApple経由だと月々1550円します。

僕も昔はYouTubepremiumに課金していたのですが、利用料が高すぎてやめました。

HSPさんは基本的にテレビを見なようにしよう

HSP気質の僕は、基本的にテレビを観ません。

盛り上げたり騒いだりするのを見ているのが好きではないからです。

だから、そういった感情の盛り上がりが嫌な人は、テレビを見るのを控えて、テレビがどうしても流れる環境にあるときは、壁を作ったり色々と工夫してみてください。

HSPさんに、刺激は禁物です。