NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

「今に生きる」今という時間が現実であり生きる場所である理由

みなさん。

将来のことを考えて疲れていませんか?

人間関係で悩んでいませんか?

そんなときはこう考えてください。

将来のことは現実に起こっていることではありません。

人間関係は相手が決めることであって、自分が決めることではありません。

こう考えると楽になってきませんか?

 

今という現実に生きる

今が現実である。

ということはわかりますか?

今という現実に生きるのが一番リアルです。

臨場感を持って今を行きたければ、何もかもを新鮮に考えることです。

臨場感、つまりリアリティを持って生きていることが、生きている実感を持っているということです。

生きている実感を持つと細胞がいきいきとし、白昼夢から逃れられます。

そうやって、今という現実に生き甲斐を感じる方法を探し、自分らしく生きましょう。

僕は今、臨場感を持って生きています。

家にずっといた状態から、職場に勤め始め、社会性を取り戻しました。

職場に勤め始め、世間が広がり、とても新鮮な感覚です。

今という現実にいき、憂いや戸惑いは消し去りましょう。

今が自分の最先端

今が自分の最先端です。

僕たちは常に最先端を走っています。

今より新しいものはありません。

いつもフレッシュで新しいのが、今です。

過去は過ぎ去ったもので、未来は妄想です。

現在、今に自分が生きていることを実感してください。

そして、常に何かするときはシングルタスクでいてください。

同時に何かをすると、臨場感が薄れます。

一つのことに集中することが、頭の中の世界から逃れ、物理的な現実に生きる方法です。

今が自分の最先端です。

それ以上新しいものはなく、それ以上古いものはありません。

将来のことは、最低限の準備だけしておけばいい

将来のこと。

最低限の準備だけしておきましょう。

僕は次のような準備をしています。

  • 2年分の生活費を貯金しておく
  • 保険に入っておく

この2つだけです。

他の準備はしません。

なぜなら、今が最先端だからです。

直感より感情で生きる

直感で生きる人がいます。

それもいいと思います。

でも、僕はそれより感情で生きることをお勧めします。

直感は本能に刷り込まれた反射的なもの、

感情は今なにかが起こっていることに対して湧き上がる人間らしいものです。

直感だけで生きると、条件反射するロボットのようになってしまいます。

それでは人間らしくありません。

今に生きて一生青春で行きましょう

今に生きて感情を解放し、一生青春でいきましょう。

感情的になることが生き甲斐や生きている実感を持つ最高の方法です。

みなさん。

いい人生を。