NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

「自分の価値観で生きる」理論より感情で生きた方がいい理由

みなさんは自分の価値観を持っていますか?

自分の価値観。

とても大事です。

自分の価値観を他の人間に任せていると、自分というものがなくなっていきます。

僕の周りにも、他人を自分の信じるべき価値観だと軸を委ねて、自分軸を失っている人がいます。

その友人はうつ病です。

自分自身を失うと、精神を崩す一因になるのではないでしょうか?

そうならないためにも、自分軸を持つことが大事です。

 

自分の価値観で生きる

自分の価値観。

持っていますか?

自分の価値観を言葉で表す必要はなく「好き・嫌い」を瞬時に判断できる反応ができれば充分です。

価値観というものは、言葉で表すことのできないものです。

ただ、自分の本能が追い求めるものです。

自分の価値観を言語化した瞬間。

そのイメージは消え去るでしょう。

自分の感覚・イメージというものを大事にしてください。

他の人に言う必要はありません。

本当に受け止めてくれる人だけに話して、他の人には黙っておきましょう。

自分の主観で生きる

自分の主観で生きてください。

どんなに客観視しようと思っても、しょせん人間は人間です。

人間は自分で見る世界しか持てません。

それしかイメージできないんです。

そもそも客観視ってなんなんですか?

それは食べれるんですか?

周りの人が見るのが客観。

主観は自分が見るもの。

シンプルにこれだけでいいのではないでしょうか?

 

そしてもう一つ。

客観視とは相手と共通のイメージを持てる例えで考えることでもあります。

人に何か説明するときは客観視が必要でしょう。

理論より感情の方が大事な理由

理論より感情の方が大事です。

それはどうしてか?

感情は理論と違って机上の空論ではなく、本能から、心の底から出てくる肉体的なものだからです。

肉体は正直です。

  • 腹が立ったら怒る
  • 悲しかったら泣く
  • 嬉しかったら喜ぶ
  • 楽しかったらはしゃぐ

それだけでいいのではないでしょうか?

感情を伴っていない人間は薄っぺらいです。

理論だけでは、近似値は出ても、絶対値に辿り着くことは不可能です。

理論はいつまで立っても理論です。

その理論の力を借りて、戦略をたて、実践していくわけなので、理論もまた必要ですが。

人間らしく生きる

人間らしく生きましょう。

人間らしさとは何か?

それは、喜怒哀楽を正直に表すことです。

机上の空論に左右されないことです。

下手に頭を使うより、よほどいいと思います。

理論をヒントに戦略を練りつつ、現場に立って実践あるのみです。

理論はあくまでヒントで机上の空論。

僕らは人間です。

生き物としていきましょう。