NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

「禁煙する」気分転換にはタバコではなく冷水で顔を洗う

タバコ代。

もったいないですよね。

僕もヘビースモーカーでタバコを一日一箱吸っていました。

「キャメル」というタバコで、一箱400円します。

それを1ヶ月の間30日、タバコを吸い続けると、月12000円になってしまいます。

これはもうもはや、やめるしかありません。

年々、タバコ税が上がり続けて、もはやタバコは高級品になってしまいました。

そこで、禁煙することに僕はしました。

あまりにもお金がもったいないからです。

 

タバコは気分転換のために吸っていた

僕は禁煙するにあたり「タバコをなぜ吸っていたんだろう?」と考えました。

そこで、タバコを吸うシーンを思い返してみました。

すると、「タバコは気分転換のために吸っていたんだ」と気づきました。

それならば、気分転換のために1ヶ月タバコに12000円を吸うことは合理的ではないと気づいたんです。

気分転換には冷水で顔を洗えばいい

タバコを気分転換に吸っているのなら、他の方法で気分転換をすればいいと思ったんです。

そこで気づいたことが、冷水で顔を洗えばいいということです。

人間の顔には、神経が集中しています。

そこで、冷たい水を顔に浴びて、神経を刺激すれば、気分転換になると思ったんです。

他にも、スナック菓子を食べたり、音楽を聴いたり、シャワーを浴びたりと、さまざまな気分転換の方法はあります。

タバコは贅沢品です。

もはや僕は禁煙しようと思いました。

禁煙したら欲しいものが買える

禁煙したら、今までより月12000円の貯金ができます。

そうすると3ヶ月で、僕がどうしても欲しいApple WatchSEも買えますし、他にもAirPodsなど、さまざまなものが買えます。

しかも、生活にも余裕ができます。

月12000円は馬鹿になりませんからね。

今よく考えてみるとタバコ代を年間にすると144000円します。

15万円近くです。

あり得ませんよね。

タバコと灰皿を片付けた

僕はタバコと灰皿を片付けました。

タバコと縁を切るためです。

視界からタバコが消え、灰皿も消え、家族もタバコを吸うことはないので、もう2度と家の中でタバコを見る機会は無くなるでしょう。

しかも、もはや嫌煙ムードが高まっているので、外でもタバコを吸う人をほぼ見かけません。

僕はタバコと縁を切り、欲しいものにお金を使う生活をします。

今回で、タバコを吸うことは完全に無くなるでしょう。

そして、ストレスがかかったら、スナック菓子などを食べて解決します。

僕はタバコをやめます。