NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

「過去の再解釈は必要ない」嫌な思い出は綺麗さっぱり忘れよう

嫌な思い出。

いつもでも残っていませんか?

そういったことはすぐに忘れましょう。

いつまでも引きずっていてもしょうがありません。

いい思い出だけ残して、嫌な思い出は教訓だけ得て次にいきましょう。

 

忘れることが大事な理由

人間は1日に大量の情報処理をしています。

普段、ボーッとしているときに嫌な思い出がフラッシュバックしませんか?

僕はけっこうあります。

前までは、それを理屈で解決して忘れるようにしていたのですが、

今では嫌な思い出を思いだした瞬間に他のことを考えるようにしています。

忘れることはものすごく大事です。

嫌な思い出は忘れて、そこから学んだことだけ覚えましょう。

嫌な思い出は忘れよう

嫌な思い出。

たくさんあります。

でも、それを思いだして、その記憶と付き合えば付き合うほど、自分の記憶に呼び戻されがちになり、さらに普段の生活によぎるようになります。

そうならないようにするためにも、嫌な思い出は、出た瞬間に忘れましょう。

いつまでもタトゥーのように思い出さないことです。

嫌な思い出は過去の話です。

さっさと今と未来に切り替えて、前進しましょう。

いつまでも引きずらずに、いい思い出だけ残しましょう。

いい思い出だけ残そう

いい思い出だけ残したかったら、いい思い出だけ思い出すことです。

僕はいい思い出の話、ポジティブな話をするように心がけています。

嫌な思い出は意識に上がってきた瞬間に、違うことを考え、できるだけ意識に残しません。

いい思い出だけでいると、幸せにいることができます。

過去の再解釈は必要ない、できるだけ嫌な思い出から離れること

過去を解釈し直すという動きがあるようですが、僕は数年の間に試しましたが、嫌な思い出が強化されるばかりで、再解釈はできませんでした。

嫌なもの、辛いものは、やはり、辛かったり嫌だったりするわけです。

そこを無理やり、言語的に再解釈しても無駄でした。

それよりも、嫌なことを思い出した瞬間に忘れて、常にベストの自分でいることができるようにしたほうがいいという結論に達しました。

思い出す回数と時間が減れば、嫌なことは忘れられる

嫌なことを思い出す回数と時間が減れば、嫌なことは忘れられます。

嫌なことは思い出した瞬間に違うことを考え、自分のメンタルの状態によっては嫌なことを思い出す対象に近づかないことです。

僕は嫌な思いをしたら、その人から徹底的に離れます。

どうしてか?

嫌なことを思い出す回数を減らしたいからです。

時が経てば、記憶は薄れていきます。

嫌なことは忘れて、前向きにいきましょう。