NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

「周りをよく見よう」自分がいいと思った人を真似する

ミラーニューロン。

ご存知ですか?

人の脳の仕組みのことです。

どういう仕組みかというと、人の動作、口調を、見たり聴いたりしていると、その人の真似を自然にし出すということです。

だったら、自分がいいと思った人の真似をすればいいじゃないか?

そう思ったわけです。

 

ミラーニューロンを反応させて、自分がいいと思った人を真似しよう

自分がいいと思った人の真似をしてみましょう。

その人の口調や動作、しぐさを真似してみるんです。

そうすると、自然にその人のいいところがうつってきます。

そうなると、自分が尊敬している人のようになれます。

僕は様々な人の真似からできています。

真似とは一種の影響なのかも知れませんね。

僕は穏やかな話し方をする人の真似をした

僕が最近真似をしたと言えば、穏やかな人の真似をするようになりました。

その方が人に与える印象がやわらかだからです。

高圧的に話しがちな僕が一番気をつけないといけないことです。

最近は穏やかに話すようになり、周りから「変わったね」と言われるようになりました。

スポーツも芸術も真似から

スポーツも芸術も真似からです。

僕も文章は司法試験を受験していたときの、論述試験の模範解答を模写することから始まりました。

そして、そこで鍛えた文章の段構えを自分のものにして、

次は一人で文章を書きまくり、文章を読みまくりました。

ドラムも僕は叩くのですが、基本のエイトビートの叩きかたを覚えたら、あとはスタジオに入って、好きなアーティストの曲を叩いて、真似したいフレーズを徹底的に真似しました。

真似をしまくったら最終的にはアドリブで

真似をしまくったら、あとはアドリブです。

僕はもう文章はアドリブで特に下書きなどせずに書いています。

素の自分から出ているものです。

テニスもやっていましたが、先輩の動きを見て、アプローチという打ち方を覚えて、とても上達しました。

僕は真似する期間は短く、ほとんどがアドリブでできています。

人によって真似をしまくる期間はそれぞれだと思います。

僕はほとんど真似をせず、すぐに「できる!」と、思ってアドリブをどんどん始めてしまいます。

仕事でも聞く前にまずは自分でやってから

これは余談になりますが、仕事でも上司に聞く前に、まずは自分でやってからにしましょう。

自分でやることが、成長するコツです。

自分で壁にぶつかりながら、色々と試行錯誤して、やってみるといいんです。