NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

ビジョンのない言葉には価値がないことと戦略に意味がない場合

ビジョン。

あなたは持っていますか?

将来に見たいビジョンです。

世の中にはキャッチコピーがありますよね?

でも、そのキャッチコピー通りの商品を買えていますか?

CMはいいけど、商品はイメージと違う。

これは、商品を作るときのビジョンを知らずに、コピーライターが勝手に仕立てたものだからです。

ビジョンのない言葉には意味がありません。

 

言葉にはビジョンが伴って意味がある

ビジョン。

あなたには見えていますか?

僕のビジョンは「穏やかに、情熱的に」です。

そのビジョンはこの言葉に集約されるもので、僕のビジョンを言語化するには分厚い本10冊は書けます。

そんなことを言語化するより、ビジョンを現実とすることに僕は時間を使います。

時間は有限です。

その貴重な時間を、ビジョンを現実化する行動、人を巻き込むことに使うんです。

虚言と言われようがビジョンがあればそれは現実になる

ビジョン。

時に虚言と言われます。

僕はビジョンを人に堂々と言ってきました。

ビジョンを言ったその時には、それは見えていたからです。

でも、僕のビジョンと思っていたものはゴールでした。

ゴールとビジョンは違います。

ビジョンとは「世界」です。

「世界を変えること」と言ってもいいでしょう。

それが見えていれば、虚言と言われようがいうべきです。

ビジョンを持った言葉は現実を作る

ビジョンを持った言葉は現実を作ります。

スティーブ・ジョブズ氏は言いました。

「電話を再発明する」と。

これもビジョンがあっていったことだと思います。

究極の電話。

それがiPhoneです。

またApple社がコピーとして使った言葉「think different」これもスティーブ・ジョブズ氏のビジョンがあったから生まれた言葉です。

そして、実際に僕もMacBookを「究極のノートパソコン」として認識し、愛用しています。

戦略には意味がないのは本当か?

戦略。

それは参謀が集まった会議でできあがるものです。

一人のリーダーのビジョンを実現するために存在するのなら、最高の戦略になります。

でもビジョンもないまま、数値だけを追いかけて組み立てられた戦略は意味がありません。

数値目標はビジョンではなくゴールです。

ビジョンがない戦略は、永遠に空回りし、ただの机上の空論。

取らぬ狸の皮算用になります。

そうなりたくなければ、ビジョンを明確に持ちましょう。

ビジョンは無意思から生まれます。

大脳新皮質を使って組み立てたビジョンは、ビジョンではありません。