NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

考えてわからなかったら脳の無意識に解決させればいい

考え事。

わからない時はわからないですよね?

でも、解決する方法があります。

それは無意識に丸投げすることです。

無意識は膨大な処理能力を持っているので、意識からいったん考え事を外せば、無意識が考え続けてくれ、あっという間に解決してくれます。

 

今回は、考えてわからなかったら無意識に任せて考えることをやめる方法を書きました。

 

考えてわからないこともある

思考。

いくらしてもわからないことがあります。

そもそも考えても答えのないものは無駄ですが、わかるものもあります。

それは無意識を使った場合です。

だから、「考えてもわからないこともある」と認めて、わからないことはいったん放り投げて、無意識が解決してくれることを待ちましょう。

考えてもわからないことを考えても無駄

考えてもわからないことを、ああだこうだ考えても無駄です。

これは、思考を可視化しても無駄です。

人は思考する時、前頭葉と呼ばれる、脳の司令塔を使っています。

この前頭葉という部分はとても疲れやすく、考え続けてもわからないことを考えると、大事な脳の司令塔のエネルギーを無駄に使ってしまいます。

考えてもわからないことを考えても無駄なので、考えないようにしましょう。

無意識が全てを解決してくれる

考えてもわからないこと。

どうすればいいんでしょう?

それは問題をいったん丸投げすればいいんです。

考えることを放棄した対象は、無意識に放り込まれて、解決されていきます。

無意識の処理能力は、前頭葉など顕在意識で考えるより、圧倒的に高い処理能力を持っています。

そして、無意識は前頭葉と同じ程度しか脳のエネルギーを使わないのに、圧倒的に処理能力が高いので、脳のエネルギーの側面からも、無意識を使うことはコストパフォーマンスが高いです。

無意識をどんどん使いましょう。

脳のことをもっと知ろう

脳。

これからの情報化の時代、構造や仕組みや活かし方を知っておくことは仕事をする上で、生きていく上で有利になります。

脳のことをもっと勉強して、社会で有利に立ちましょう。

僕もYouTubeで脳のことを勉強したり、これからKindle unlimitedを使って、書籍で勉強しようと思っています。

脳はfMRIで解剖よりももっとリアルに研究がされるようになりました。

これからの脳科学に期待し、脳を生かす生き方をしていきたいです。

ちなみに、僕がMacBookを愛用しているのも、直感的に操作できて、自分の脳と相性がいいからです。