NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

「人は人、自分は自分」人の行動に感情移入しない方法

人の行動。

気になっていませんか?

話したりしている相手には気にする必要がありますが、他は気にする必要なんてありません。

人の行動に感情移入しても、振り回されるだけで、いいことはないです。

「人は人、自分は自分」なんです。

 

今回は、人の行動に感情移入しない方法について書きました。

 

人の行動はその人の問題と考える

人の行動。

こちらから「こうしろ」「ああしろ」とは言えないですよね?

人の行動は客観的に何をしているかみているだけでいいです。

人の行動にあれこれ口出しするのは、人が困っているときや、悩んでいる時、危険が迫っている時だけです。

それ以外は、その人の行動はその人の問題。

口出しは無用です。

放っておいて、様子を見ましょう。

そうやって人と距離をとっておくと、人に振り回されなくて済みます。

自分の行動は自分の問題と考える

自分の行動は、自分の問題で、失敗して責任を取るのは自分です。

だから、人から、あれやこれや言われる話ではありません。

もし、何かをしているときに、教えてくれるわけでなく、身勝手にあれやこれや言われたら、僕は相手にしません。

無視します。

人の問題に介入できるのは、上司か、その問題で責任を一緒に被る人間だけです。

それ以外は、外野は黙っておかせておいて、自分で自分のことを淡々とこなしましょう。

人の行動に感情移入しても問題は解決しない

人の行動。

ハラハラするものもありますよね。

でも、もう大人になったら自分で責任を取ります。

何か特別な危機が迫っている時、自分に問題がふりかかりそうな時以外は、相手も自分もお互いに口出しをしないようにしましょう。

人の問題に感情移入して「ああだこうだ」思っているのは、他人の時間を生きていることになります。

人生。

自分の時間を生きたほうが楽しいです。

自立した大人がすることは、放っておいて、自分のするべきことのみに時間を使いましょう。

そして、人の行動に感情移入しても、問題は解決しません。

感情だけ気をつかっても、現実は一ミリも変わらないからです。

もし気になるのなら「手伝えることはないか?」「アドバイスは必要ないか?」聞いてみましょう。

それだけがあなたにできることです。

自立した大人同士、距離をとってしっかりと立っていきましょう。

自分のことは自分で決め、あれこれと口出しをしないことです。

大人になったら自立しよう

大人になったら、相手も自分も自立するべきです。

お互いに干渉せず。

様子を見て、心配ならフォローします。

ただそれだけでいいんです。

大人になったら、お互いに距離を空けましょう。