NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

真っ暗な部屋で、ひとりMacBookに向かって文章を書く夜

くらい作業部屋。

部屋には僕ひとりしかいません。

自分の部屋。

部屋の明かりを完全に落として、

僕は文章を書いています。

MacBookに向かって。

 

そのきっかけは、ある音楽のMVを観てからです。

観てからといってもMVの途中で居ても立ってもいられず、MacBookでChromeを開いて文章を書き始めました。

 

音楽と映像は人の精神に大きな影響を与える

僕はあるMVを観ていて、突然、文章を書きたくなりました。

そのMVとは、ちゃんみなさんの「PAIN IS BEAUTY」という曲です。

そのMVを観たい方はこちら。

youtu.be

この曲でふと、自分のクリエイティビティと、過去のことが蘇りました。

高校まで順調だった僕は、大学に進学してから道に迷い、グレるような生活を送っていました。

そのことをこのMVを観て思い出しました。

まるでフラッシュバックです。

僕は人を傷つけていませんが、そのようなグレる世界にいたことを、僕は心底後悔しています。

これは20年前の記憶ですが、今、鮮明にその当時のことを思い出すほど、このMVという映像と音楽の融合体は、僕に語りかけてきました。

音楽と映像はあり得ないほど人の精神に影響を与えます。

逆に音楽を消し、映像を止めると集中力が高まる

そして、僕はMVの再生をとめ、この記事を書くことに集中し始めました。

なぜだかわかりませんが、音楽を止めて、静寂の暗い部屋で文章を書きたくなったんです。

実際、音楽を止めて文章を書き始めると、非常に集中力が高まっていることに気づきました。

周りに邪魔をする環境のないこと。

これが集中するために大事なことだと思います。

部屋の明かりを消し、真っ暗にし、音楽を止めたら、僕の世界はMacBookのディスプレイと自分の思考しかありません。

極限まで集中力が高まっています。

クリエイティブなことをすることが何よりもの存在意義

僕の存在意義は、何かを表現するというクリエイティブなことをすることだと思っています。

クリエイトし続けなければ、僕は存在できません。

こうやって文章を書いていくことは、愚痴で盛り上がるグループにいるより、断然面白いです。

ひたすら、頭に浮かんだイメージを文章にしていく。

ただそれだけです。

この記事の冒頭にある、ちゃんみなさんのMVに僕は非常に共感しました。

なぜか、ちゃんみなさんには共感する物があります。

僕はいじめられたわけではありませんが、大学時代は孤独でした。

その後、自分の人生をかけたいと思える恋人に出会い、今も関係は続いています。

人は様々な寄り道をして、経験を積んで成長していくのではないでしょうか?

僕も様々な経験をしてきました。

今も関係を続けてくれる恋人に感謝して、この文章を締めくくりたいと思います。