NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

思い出は日記と写真で残そうという考え方と方法

ある日。

僕はiPhoneでGoogleフォトを開き、過去10年分の写真を全て見ました。

一気に振り返ってみると、いい思い出がたくさんありました。

「この日にこんなことがあったのか」と日付も記録に残るので、とても重宝します。

 

今回は、日記と写真で思い出を残す方法について書きました。

 

思い出は日記と写真で残そう

思い出。

今までの僕は、日記メインで思い出を残していました。

でも、写真をある日振り返って見ると、たくさんのことがありました。

写真もある意味、日記です。

写真は思い出です。

振り返って、自分の人生や成長の姿を見ることができます。

また、最近会えていない、恋人や友人との姿も見ることができて、とても素敵です。

思い出は写真でも残しましょう。

日記の付け方についてはこちらを参考にしてください。

 

minimalist-qol.com

日記も写真も振り返られるのが大事

日記も写真も振り返ることができて初めて、役に立ちます。

なので、記録は大事に保存しましょう。

僕は画像データは、ハードディスク、USB、クラウドに保存しています。

iCloudに課金し、Googleドライブにも課金しようと思っています。

日記に関しては、テキストファイルで保存していて、iCloudに保存し、MacBookでもiPhoneでも閲覧、編集できるようにしてあります。

思い出は振り返られるのが大事です。

自分の今まで生きてきた証が残る

日記や写真。

今まで生きてきた証です。

僕は現在40手前なので、それまでの記録が全部残っています。

これから、学校のアルバムや卒業写真なども、デジタル化しようと思っています。

人生の節目や、時間が空いた時、僕は日記や写真を読み返します。

人生は積み重ね、時間は過ぎていく

人生は積み重ねであり、時間は過ぎていきます。

どういうことかというと、時間は止まってくれないので「気づいたら10年たっていた!何してたっけ?」ってなっても、日記や写真があれば、思い出せます。

だから日記や写真で毎日記録して、いつもでも振り返られるようにすることが大事です。

10年なんてあっという間に過ぎてしまいます。

時々振り返って、思い出しながら生きていかないと、感謝がなく「自分さえ良ければいい」「今さえ良ければいい」という考え方になってしまいます。

時間が経てば、全て感謝に代わっていく

どんなに嫌なことも、時間が経てば全て感謝に代わっていきます。

そして、本当に感謝すべき人に気づくことができます。

今まで受けてきた恩を忘れずに、感謝して生きていきましょう。

感謝を忘れずに。

です。

そのための日記と写真です。