NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

会話では相手の意図を読み取るために聞くことが必要な理由

会話。

どのようなことが一番大事だと思いますか?

面白い話をする。わかりやすい話をする。論理的な話をする。

どれだと思いますか?

どれも違います。

一番大事なのは、相手の話を聞くことです。

 

今回は、相手の意図を読み取るためには「聞くこと」だ大事な理由を書きました。

 

相手の話を最後まで聞く大事さ

相手の話。

最後まで聞けていますか?

ディベートが好きな僕は、つい相手の話を割ってしまいます。

でも、それでは相手の話を誤解したまま発言してしまうので、話が噛み合いません。

勝手に相手の話を決めつけずに、最後まで相手の話を聞きましょう。

特に、普段からよく話している人との会話では気をつけた方がいいです。

お互い、たくさん話していると、相手の傾向やパターンが見えてくるので、話の途中で「いつものパターンだ」と決めつけてしまうんです。

そうならないためにも、慣れ親しんでいるからと、勝手に決めつけないようにしましょう。

相手の話は最後まで聞いてください。

相手がどの方向に話を持っていきたいか理解して答える

今日。

天気の話をある人としました。

「梅雨の中、珍しく晴れた」という話を相手がしたのに、僕は「暑い」という答えをしてしまいました。

これ、どこが間違っているかわかりますか?

これは相手の話の意図を読み違っているんです。

相手は「梅雨なのに」天気がいいという話をしました。

ここで相手が言いたかったことは「天気が良くてよかったね」ということです。

そこに「暑い」という答えを返すのは、話が通じてないです。

相手の意図をしっかりと読み取りましょう。

言葉は表面だけ受け取ると、大きな誤解を生んでしまいます。

雑談はディベートではない

雑談。

話を戦わせる、ディベート(討論)ではありません。

お互いの共通認識を確認し合って、話を弾ませて楽しむものです。

愚痴ってもいいし、笑わせてもいいし、情報交換してもいい、和ませてもいい。

そういうものです。

雑談は、お互いの緊張を解くためのもの、関係を大事にするためのもので合って、戦いではないんです。

雑談では相手の意図に合わせて、縦横無尽に話を展開しましょう。

人と会話を楽しもう

僕は会話が好きです。

人とコミュニケーションを取ることが何よりも好きで、言葉のキャッチボールが楽しいです。

なので、会話については日々研究しています。

それはもう楽しいです。

今後も会話について研究した結果に関する記事を書いていきますので、楽しみにしておいてください。

 

みなさんも有意義な会話をされることを願っています。