NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

「昭和の男らしさ」男同士はベタベタ傷の舐め合いをしない

男性の方々。

男友達はどのように接していますか?

僕はドライに多少強がって接しています。

男同士。

張り合った方が面白いです。

 

傷の舐め合いをしない大人の男同士の友情を、昭和っけたっぷりに語りました。

 

男同士はベタベタしない

男同士。

ベタベタしてたらやってられません。

僕の恋愛対象は女性だからです。

ベタベタねちこい人は僕は苦手です。

男同士はベタベタせず、ドライに熱く語ります。

昭和っ気あふれる感じですが、そういうものではないかと思います。

多少強がってもいいから、男同士は群れず、ドライに自立していたいものです(女性ももちろん自立している方がいいです。)

男同士はベタベタしません。

男同士は熱くディベートする

男同士。

そんなにしょっちゅう連絡しません。

僕は仲のいい友達を二人と決めて、週一回連絡しています。

そいつらとは、熱くディベートしていて、いろいろと話しました。

気を使わず、余計なことは話さず、しっかりと自立して話し合いができました。

小学生じゃないんだから、男同士はベタベタせずドライにいた方がいいんです。

僕はその方が好きです。

週一回連絡するわけではない友達は、「いつかまた会おう。」という感じで、何年も開けて会います。

数年ぶりに会って、お互い成長している親友もいる

男同士。

数年ぶりに会うこともあります。

お互い成長した姿を見せて「久しぶりやな!!」とお互い讃えあいます。

僕自身、何年も会えていない男友達がいるので、久しぶりに会って成長した姿を見たいものです。

男同士は傷の舐め合いをしない

男同士。

傷の舐め合いはしません。

なぐさめてもらおうなんてのも、男に求めていません。

どうせだったら恋人になぐさめてもらいたいものです。

傷の舐め合いをしていると、人生落ちていきます。

傷は、自分で乗り越えるものであって、人になぐさめてもらって解決するものではありません。

男は多少強がっても、自立して自分で問題を解決したいものです。

そして、落ち込んでいるのを励ましてくれるのは恋人。

僕の場合は女性です。

そうやって、恋人を大事にして、男同士は張り合います。

大人になった男同士は喧嘩しない

男同士。

社会人になったら喧嘩をしません。

喧嘩をするほど器の小さい人間同士ではないからです。

しかも、短くても週一回。

ほとんどが何年かに一回の連絡なので、喧嘩をするほど距離が接近しません。

お互いを尊重し、お互い尊敬できる仲でなければ男同士で付き合いを続けることを僕はできません。

昭和の男らしさもなかなかいいよ?

昭和の男らしさ。

なかなかいいものです。

基本的に強がっているものだからです。

僕自身、昭和生まれなので、そういう友達が多いです。

保護者のような友達はは、いりません。

もしいるとしたら、自分が自立していない証拠。

社会人として自立できているか、今一度考えましょう。