NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

「大人の時間」行動の取捨選択を自分で主体的にしていこう

時間は有限。

そう叫ばれだしてから久しいです。

僕は「時間は有限」という言葉に縛られて、相手に気を使いすぎていました。

どのように、相手に気を使いすぎていたかというと、相手の時間を使いすぎではないか?と、話や電話をしているときに気にしていたんです。

でも、その気遣いは不要でした。

どうしてかというと、相手は自分のペースで行動しているので、「電話に出る時は出る」「電話に出たくない時は出ない」と自分の責任と選択で動いているからです。

だから、いつ電話してもいいし、電話をする時間をあらかじめ決めるという選択肢もあります。

例えば、相手が定時の仕事についているんなら電話は週末以外しない。

他に、電話をする時間をあらかじめメールやLINEで決めておくことです。

このように、工夫次第でお互いの時間のやりくりをすることができます。

 

今回は、時間は有限といいますが、「僕らには時間がたくさんある」という話をします。

 

いそがしくしているのは自分自身

あなたはいそがしいですか?

僕は暇です。

仕事や副業やビジネスをしていますが、暇です。

実家暮らしですが、家事もそれなりにやっています。

そう。

いそがしくしているのはあなた自身です。

無駄な付き合い。

無駄な飲み会。

やりたくもないのにやっている仕事。

僕らは、自分がやりたいことをやっているときに、時間を有意義に感じるようになります。

自分がやりたいことでない時間は、有意義ではないので、全て捨てるようにしています。

行動の断捨離と取捨選択で時間は無限になる

行動の断捨離って考えたことはありますか?

行動を取捨選択して捨てることです。

僕は毎日、things3というタスク管理アプリを使って、自分の時間を管理しています。

その中で、必要な行動やタスクを毎朝、MacBookでタスク一覧を見ながら管理し、断捨離しています。

いらない行動はどんどん捨てていっています。

そうやって自分の行動を最適化することで、時間はたくさんできます。

自分の意思を持って、やりたくないことには「ノー」と言いましょう。

いつでも、やりたいことに「イエス」と言えるために。

大きく時間をとっている行動を捨てる勇気を持つ

僕は今年の6月いっぱいであるTwitterアカウントを削除しました。

それは僕の生活の一部になるほど楽しんでいましたが、これからやりたいことのために思い切って捨てました。

そのTwitterアカウントは約2年継続していましたが、あっさり捨てました。

そのTwitterアカウントでは、朝の挨拶や、行動報告、励ましあいなどさまざまな恩恵を受けていましたが、僕は不要だと判断しました。

なぜなら1日の行動の大半をTwitterに使っていたからです。

友達と毎日ベタベタする時間は高校生までで終わりです。

大学に入ったら、自分の学問のために打ち込むか、自分のしたいことに打ち込みます。

それと同じように、Twitterが仲良しグループの集まりになることに息苦しさを感じていました。

大人には大人の時間がある

大人には大人の時間があります。

ベタベタ馴れ合いではなく、自分で責任をもって引き受ける自分主体の時間です。

無駄な時間を排除し、自分のやりたいことに打ち込むというのが大事でしょう。

友達と電話してもいい、恋人と電話してもいい、散歩してもいい、部屋を片付けてもいい。

何をするにしろ、人に振り回されない時間を作ることです。

自分主体で動くのが大人の時間です。

時間は有限というが、時間はたくさんある

全ての行動を自分で取捨選択すると、自分の時間はいくらでもできます。

とにかく自分主体で、行動を取捨選択することです。

お付き合いでとか、馴れ合いでとか、そういったことが無駄な時間の最たるものです。

自分の時間を主体的に作っていきましょう。