NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

「トーク力」伝わる話し方をするには、ゆっくり話し、ゆっくり聞く

トーク力。

苦手な方も多いのではないでしょうか?

そんな方に向けて、会話の基本について書きました。

会話の基本とは、ゆっくり話し、ゆっくり聞くことです。

これさえできれば会話はできます。

 

今回は会話の基本について書いたので、参考にしてビジネスやプライベートでお使いください。

 

伝わる話し方とは?

伝わる話し方。

どんなものだと思いますか?

相手が笑う話?納得する話?興味深い話?

どれも正解ですが、今回お伝えしたい話はそうではありません。

今回お伝えしたい「伝わる話し方」とは「相手が理解できる」話し方です。

伝わる話し方その1:ゆっくり話す

まず、あなたがもし一所懸命に話しているのに伝わらないと思っている時は、話すスピードが早いです。

おそらく、あなたが焦っていて、早口だったりするのでしょう。

もしかすると、あなたは賢明に伝えたくて話しているのかもしれません。

そんなに一所懸命に話しても、伝わらなかったら、相手が理解できなかったら意味がないですよね。

「相手が理解できていなさそうだな?」と、思った時は深呼吸しましょう。

深呼吸して、いったん落ち着いて、ゆっくり話すんです。

そうするとおそらく、相手も聞き取りやすくなります。

これが伝わる話し方のその1です。

伝わる話し方その2:ゆっくり聞く

相手の話。

しっかり聞いてから話していますか?

相手の話を聴いている時、自分の話したいことが頭にあり、相手の話が半分しか入っていないことがあります。

それでは、相手の話を聞けているとは言えません。

相手の話をしっかり最後まで集中して聞いて、頭の中で整理してから、相手の話に応えるようにしましょう。

これが伝わる話し方その2です。

トーク力の向上は量で勝負

トーク力。

自信はありますか?

トーク力は量で勝負です。

色々な人と話しまくって、経験値を積みましょう。

それも、「伝えることを目的とした」会話の経験値です。

ただ闇雲に、自分だけ話すというのでは意味がありません。

相手に伝わっているか確認しよう

相手に伝わっているかどうか?

それとなく確認しましょう。

あまりストレートに伝わっているかを確認すると、失礼になります。

そこは気をつけて、大事なことが伝わっているかを確認できたら、合格です。

伝わる話し方をしたら、人が集まる

あなたが、人に伝わる話し方をできるようになったら、人が集まり出します。

コミュニケーション能力を鍛えることで、広く深い交友関係を関係を築くことができます。

ぜひ、さまざまな人と会話をして、トーク力を磨きましょう。