NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

「待てない人へ」待つのではなく、時間が過ぎていくだけと考える

待てないと損する

確実に言えることがあります。

それは、待てないと損するということです。

待てずに焦って行動すると、必ず失敗します。

物事には順番があります。

成功するためのステップです。

その順番をすっ飛ばすから、失敗するんです。

待てないと損するということです。

待てばいいことが起こる

待てばいいことが起こります。

状況は刻々と変化していきます。

待っている間にも時間は経っていくんですから、状況は改善していきます。

「待てる人ほど成功する」

という言葉は的を得ていると思います。

待っている間は時間が過ぎていくだけでいい

待っている間。自分では何もできないのですから、時間が過ぎることに任せましょう。

待っている間は時間が過ぎていくだけでいいんです。

時間が全てを解決してくれます。

その間「まだか?まだか?」とイライラしているのが時間の無駄です。

待っている間は、時間が過ぎていくだけでいいです。

待っている間は何も考えない

待っている間は何も考えず、ぼんやりしておくというのもありです。

ぼんやりしている間、脳のDMN(デフォルト・モード・ネットワーク)が活動して、記憶の整理をしてくれます。

この機能を待っている間に使えばいいんです。

待っている間は、ボーッと動画でもみて、時間が流れるのに任せましょう。

待っている間に何も考えないというのもありです。

待っている間にタスク管理アプリをみる

待っている間、どうしても落ち着かなくぼんやりできないのなら、タスク管理アプリを眺めてみましょう。

タスク管理アプリには、その日にやることがぎっしり詰まっています。

僕の場合、1日に20個以上タスクが溜まっています。

それを、待っている時間に先回りしてこなしていくんです。

待っている時間は受け身で辛い

待つという行動は受け身です。

ひたすら「まだか?まだか?」そう思って行動していると、ずっと頭の中は待っていることでいっぱいですから、どうしても受け身になってしまって辛いものです。

そうならないためにも、待っていることそのものを忘れましょう。

音楽を聴いてもいいし、タバコを吸ってもいいし、散歩してもいいし、サイクリングをしてもいいです。

短時間待つだけなら、ボーッとしていてもいいでしょう。

待つことにイライラしない

待つことにイライラしないようにしましょう。

でも、イライラすることはしょうがありませんね。

だったら、待っている対象そのものを忘れてしまうんです。

ただそれだけで、イライラ度合いは下がります。

「まだか?」

ではなく

「そのうち」

でいきましょう。