NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

「Things3」タスク管理アプリでうっかり用事を忘れることのない生活

日々の用事。

「うっかり忘れていた!」

なんて事ありませんか?

僕はタスク管理アプリのThings3というアプリでタスク管理をして、日々の雑用をもれなくこなしています。

 

今回はそんなタスク管理アプリを使いこなして、日々の用事を忘れずにやることを解説します。

 

タスク管理アプリThings3は使いやすい

タスク管理アプリ。

何を使っていますか?

ToddleDo?NozBe?OmniFocus?それともiPhoneのリマインダー?

僕は「Things3」というアプリを使っています。

Things3は買い切り型で、お試し期間がないので正直買う前に不安だったので色々と調べました。

そして、まずは安い方のiOS用「Things3」を買ったのですが、あまりの使いやすさに、勢い余って6000円もするMac版も買ってしまいました。

でも、後悔はしていません。

iPhoneでもMacBookでも毎日何十回と触っています。

正直、いい買い物をしたと思っています。

なんせ使いやすい。

一瞬で操作方法に慣れました。

Things3を使いこなすと忘れることがなくなる

僕は全ての行動をThings3で管理しています。

Googleカレンダーも、Appleのカレンダーも使っていません。

用事ができるたびにiPhoneを取り出して、タスク(用事)を入力します。

そうやって入力する際。

「いつやるのか?」

「定期的にやるのか?」

もその場で決めます。

先延ばしをしないようにして、Things3に入れた行動通りに動くわけです。

Things3は第二の脳、マネージャー、秘書

Things3は第二の脳です。

自分が記憶しておかなければならないタスク(用事)を全てThings3に任せるんです。

Things3にタスク(用事)の記憶を任せることで、自分の脳をもっと重要なことに使えるようになるわけです。

僕はThings3を第二の脳として、マネージャー、秘書として使っています。

Things3でスケジュールも管理する

タスク管理アプリは、タスク(用事)を管理するだけに使っている方が多いと思いますが、僕はスケジュールも全てThings3で一元管理しています。

そうすることで、どこに情報を入れたか探したり迷うことなく、Things3さえ見れば、全ての行動・予定を確認できます。

僕のThings3の使いこなし方

僕はThings3で次の3つの機能を一番使います。

  • リマインダー機能
  • 繰り返し機能
  • フォルダ機能

リマインダー機能

リマインダー機能はその名の通り、アラームでiPhoneやMacBookで知らせてくれます。

この機能のおかげで、「あ!タスク(用事)登録していたけど忘れていた!!」なんてことも防げます。

なので、僕はタスクを登録する際はリマインダーも同時に設定します。

そうすることで、タスクをいちいち確認しなくてもiPhoneやMacBookで知らせてくれます。

繰り返し機能

繰り返し機能。

これは、毎日するタスク(用事)を自動で追加してくれる機能です。

僕の場合は「新聞を取り入れる」「サイクリングに行く」など、さまざまな毎日するタスク(用事)を繰り返し機能で自動で追加されるようにしています。

フォルダ機能

これはタスクの種類をジャンル分けする機能です。

Things3のメイン画面は「今日すること」リストですが、僕の場合「今日すること」が毎日20個以上なので一覧で見るとわけがわからなくなってしまいます。

そこで、フォルダで「朝活」「昼活」「夕活」「仕事」「予定」と分けてみやすくしています。

そうすると、朝起きた時に「朝活」フォルダだけ見てタスク(用事)をこなせばいいからです。

Things3は最高のタスク管理アプリだからお金に余裕があったら買おう

Things3。

最高のタスク管理アプリだと思います。

今まで10種類以上のタスク管理アプリを使いましたが、これが一番でした。

ただし、お値段はそれなりにするので、よく調べてから買ってくださいね。