NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

どうしてほしいかハッキリ言うと人間関係は良くなる

うじうじ、ぐずぐずしていませんか?

僕は相手にどうして欲しいかハッキリ言います。

そうでないと、相手に気を遣わせるからです。

「どうしたいかハッキリ言って!」。

そう言われることはありませんか?

遠回しな発言は相手を困らせます。

表情で伝えるのも相手を困らせます。

 

今回は、どうしてほしいかをハッキリ言うと人間関係は良くなると言う話をします。

 

どうしたい、どうしてほしいかハッキリ言うと人間関係は良くなる

どうしたい。どうして欲しいか?相手にハッキリ言いましょう。

人格否定はダメですが、相手の行動に対しては、ハッキリ言ったほうが人間関係が良くなります。

その際、事実と解釈の違いはわけましょう。

自分がこう思ったから、相手にこうして欲しいではなく、相手がこういう行動をしたから、こうして欲しいといった感じです。

本音を隠して、相手の嫌な行動を我慢したらいつか怒りの頂点に達してしまいます。

そうなって人間関係を滅茶苦茶にしてしまう前に相手にハッキリと言いましょう。

表情でごまかさない

よく「わかるよね?」といった感じで表情で表してくる人がいます。

でも「わかりません、何が言いたいんですか?」と僕は言いたくなります。

表情で喜怒哀楽を伝えることはいいのですが、表情で意思表示をしても相手は困るだけです。

表情でごまかさずに言葉にして相手にハッキリと伝えましょう。

遠回しな表現は誤解を招いて、人間関係のトラブルの元になります。

わからないことはわからないという

わからないのに、適当に言い訳をしてごまかさないようにしましょう。

「わからないことは、わからない」とハッキリいうべきです。

わからないのに「みんなで考えていこう?」「ちょっとずつやっていこう?」そうやって答える人は、プライベートではそういうことはアリだと思いますが、仕事の場面では段取りや、準備や納期があるので「わかるのか?」「わからないのか?」ハッキリしましょう。

後付けでごまかさない

「そうだと思ってましたよ」。

そう言われてイラっとする方も多いのではないでしょうか?

後付けでならなんとでも言えます。

「そうだと思ってましたよ」。

という言葉にごかまされないようにしましょう。

相手の気持ちが100%読めることはありません。

「そうだと思ってましたよ」。

そういうことを言う人は距離を置きましょう。

「本当にそうなの?」

疑問を持つべきだと思います。

自分の本音をごまかさない

自分にだけは正直にいきましょう。

自分の気持ちをごまかさないことです。

「自分がこうしたい」。

そう思うんなら、相手に伝えるべきです。

ただし、アサーティブにです。

アサーティブにとは、相手の気持ちを尊重した言い方でです。

攻撃的にならずに穏やかに自分の本音を言いましょう。