NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

仕事終わりにポジティブな達成感を得るために必要な考え方3つ

仕事終わり。

達成感ありますか?

僕は毎回達成感あります。

しかも「やっと仕事終わった」ではなく、「今日も頑張った」という達成感です。

 

このようなポジティブな達成感を得るために必要なことを今回は書きました。

 

仕事にポジティブな達成感を得るコツその1:ちょっとした業務の工夫をする

仕事。

毎日同じ業務だと飽きます。

それは人間として当然のことです。

そんな時「つまらないなー」と思っていませんか?

それではただ椅子に座って給料をもらう給料泥棒です。

そうではなく、日々の業務にちょっとしたものでいいので工夫をしてみましょう?

「こうしたら業務が改善するかも?」「こうしたら業務が効率化するかも?」

そうやって仮設を仕事前に立てて実践してみると、ゲーム感覚で楽しいです。

さすがに確認作業はゲーム感覚ではいけませんが。

日々の業務が短調に感じたら、ゲーム感覚でちょっとした工夫を入れてみましょう。

仕事をゲーム化して「クリアしたぞ!!」という達成感を持って仕事を終えましょう!!

仕事にポジティブな達成感を得るコツその2:本を読んで学んだことを実践する

僕はビジネス書・自己啓発本の多読家です。

月に10冊以上読んでいます。

そんな読書で得たヒントを、頭の中の知識だけで止めていたらもったいないです。

ぜひ、本に書いてあることを実践してみてください。

いきなり本に書いてあることをそのまま実践するのではなくて、本に書いてあることを咀嚼して、自分の業務に落とし込みましょう。

そうすると、1000円以上出して買った本がみるみる役に立ってきます。

そうなると、仕事が楽しくなります。

仕事が本で得た知識で改善されていくのですから。

そうなると、仕事終わりには「あの本が役に立ったぞ!!買ってよかった!!」と満足感いっぱいで帰宅できます。

仕事にポジティブな達成感を得るコツその3:個人的な業務日誌をつける

仕事。

日々同じように過ごしていても、ちょっとした変化があります。

「今日は普段話さなかったあの人と話せた」「今日は仕事の結果を評価してもらえた」「今日は定時に帰れた」。

そんな様々な変化があります。

仕事の個人的な業務日誌をつけると、仕事が楽しかったと実感できます。

そのためには仕事で良かったことだけを書いてくださいね?

仕事終わりにはポジティブに家路につこう

仕事終わりは、爽快な気分で帰りたいものです。

仕事をゲーム化できることはゲーム化して楽しんで、読書の成果を味わって、仕事を振り返っていい気分に浸りましょう。

 

みなさんの仕事生活。

応援してます。