NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

「公園でひとり時間」夕涼みをする夜の公園のベンチの良さ

公園。

みなさんはよく行かれますか?

僕は近所に公園があるのでよくいきます。

夜になると子供さんたちも遊んでいないので、ベンチに座って夜の公園を独り占めです。

 

そんな、夕涼みをする公園の良さについて書きました。

 

夜の公園は涼しくて夕涼みをするのに最適

夜の公園。現在6月末なのですがとても涼しいです。

夕涼みにピッタリ。

僕のきている公園が涼しいのには理由があります。

それは、周りに田んぼが多く、川もあるからです。

6月末の田んぼは水を張っていて、川と共に涼しい風を送ってくれます。

昼間は30度を超える暑さですが、夜の公園はとっても涼しく快適です。

夜の公園はひとり時間を作れる

夜の公園。

基本的に人は誰もいません。

なので、ひとり時間を作るのに最適です。

ひとりベンチに座ってiPhoneでTwitterをしたり、ブログ記事を書いたり、音楽を聴いたり。

最高のひとり時間です。

今までの僕は、夜は片付いた作業部屋にこもってひとり時間を過ごしていたのですが、最近は夜の公園でひとり時間です。

イヤフォンと、ペットボトルに入れた水道水を持って、ベンチに座ります。

たまにベンチでゴロンと寝転がるのもいいですよ。

夜の公園は真っ暗で刺激が少ない

夜の公園。

当然ですが太陽は沈んでいるので、日差しの刺激がありません。

この太陽の光がないと言うのも、ストレスフリーでいいと思います。

真っ暗な公園でiPhoneをいじって、好きな音楽を聴いて、ひとり時間を満喫しましょう。

公園に先客がいたら僕は公園に行かない

僕が夜の公園を楽しむ理由は、ひとり時間を過ごせるからです。

なので、騒いでいる若者がいたりしたら、公園にはいきません。

要するに、先客がいるからですね。

そんな時は作業部屋にこもって、ゆったりMacBookとたわむれます。

これが僕の夜の過ごし方です。

夜の公園、利用しましょう

夜の静かな公園は、最高の癒しスポットです。

自分の仕事の疲れを癒すため、最大限利用しましょう。

近くに公園がない方は、Googleマップなどで調べて、自転車で軽く行ける公園を探すといいです。

きっと、お気に入りの公園が見つかると思いますよ。

 

夜の公園。

まったりと、ひとり時間を過ごして、ゆったりした時間を味わってください。

6月の末に入ると、蚊などの虫が出てくるので、かゆみ止めのムヒは必需品です。

蚊取り線香を持っていくのも、また風流かもしれませんね。

 

それでは、みなさんいい夜を。