NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

「記録の効果」2ヶ月毎日、業務日誌を個人的につけている僕の業務日誌の使い方

仕事の記録。

みなさんつけいていますか?

僕はデザイン会社にグラフィックデザイナーとして入社してから2ヶ月間、仕事に行った日は業務日誌をつけ続けています。

僕の勤務は週3回なので、週3回2ヶ月ですが。

ですが、個人的に業務日誌をつけるのは珍しいのではないでしょうか?

 

そこで、個人的な業務日誌の付け方、使い方を解説します。

 

毎日ひたすら業務中は研修用ノートにメモを取りまくる

僕はメモ魔です。

業務中、新しいことが出てきたら、すかさず自分のデスクに置いてある研修用ノートにメモを取りまくります。

どんなことでもメモです。

メモを取りまくることで、どこをポイントにメモを取ればいいかがわかってきました。

これはもはや慣れです。

僕は今年39歳ですが、成人してからさまざまな仕事に就いて、メモを欠いたことはありませんでした。

大量にメモを取っていると、そのうちメモのメモのとり方が分かってきます。

上司の言っていることをすべてメモにしていたら上司とコミュニケーションが取れません。

メモを素早く簡潔にとって、あとで復習するときにメモを完成させましょう。

とにかくメモを取っておいてください。

仕事に行った日は家に帰って個人的に業務日誌をつける

僕は仕事から帰って最初にすることがあります。

それは、個人的に業務日誌をつけることです。

仕事で何があったか、どう感じたか、次はどうしたらいいか。

それらをまとめて思い出します。

そして、仕事に行く前に業務日誌を読み返すことで、その日の仕事への段取りが整います。

仕事上必要なものだけでなく、個人的にも業務日誌をつけましょう。

業務日誌は読み返さないと意味がない

業務日誌。

ただつけているだけでは意味がありません。

毎日読み返して振り返ります。

読み返して、反省点、改善点を掘り起こし、業務スキルの向上を目指します。

僕は2ヶ月前、今のデザイン会社にグラフィックデザイナーとして入社した際、「その日の仕事を振り返る」という時間を作ってもらいました。

何ができて、何に困っているのか?

そう言ったことを話す時間です。

その振り返りの時間のおかげで、業務日誌の大事さを改めて思い出しました。

記録することには意味がある

記録は取り続けることで意味があります。

今回の業務日誌だけでなく。

プライベートな日記、睡眠時間、持病の服薬記録、家計簿、予算計画。

さまざまなことは記録を継続することで意味を持ちます。

そして、それを振り返ることに意味があります。