NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

仕事も副業も人間関係も、自分から働きかけるべき。受け身ではいけない理由

仕事。副業。人間関係。

みなさんは能動的に自分から働きかけていますか?

自分から仕事したり、自分から人に声をかけたり、自分から副業を始めたりと。

もしかしたらみなさんは、皆が仕事しているから仕事している、人から声をかけられるのを待っている、副業ブームだから副業している。

そんな感覚ではありませんか?

受け身だと、いつも対応が後手後手に回ってしまいます。

そうならないための方法を書きました。

 

仕事は選ばれるのでなく自分から選ぼう

仕事、自分でどんな仕事がしたいか決めていますか?

僕はこれまで10種類以上の仕事を体験してきて、やりたい仕事、働きたい職場の規模、働きたい役職。

だいたい見えてきました。

どこにどんな職業があるかわかってきたので、仕事選びに迷いません。

機動的に仕事を変えてきたのが功を奏したと思っています。

僕は38歳ですが、仕事につけない恐怖も不安も一切ありません。

どこでだって働けると思っています。

ですが、まだまだ経験が足りないと思っています。

そこで、どんどん副業をして行って、経験を積んでいこうと思っています。

給料が足りないのなら副業しよう

ある、僕からしたらものすごい楽でいい加減な仕事をしている知り合いが言いました。

「もっと給料欲しい、なんかない?」と。

僕は思いました「おいおい、そんなもん自分で考えろ?そもそもそんな楽な仕事やったら副業くらいできるやろ?」と。

そう。

給料が足りないのなら副業をしましょう。

僕は今のデザイン会社勤務の一年契約が終わったら、月収税込20万のところにいこうと思っています。

でも、僕のキャリアはそれで止まりません。

副業で月々プラス10万以上稼ぎます。

給料が足りないと文句を言うのなら、副業をすればいいんです。

人間関係は自分から声をかけよう

人間関係は基本的に自分から声をかけましょう。

みな、暇なのに人に声をかけるのを忘れてしまっています。

仕事が安定している人は大体、休みの日は30分くらい時間を作る余裕はあります。

その30分をお互い有意義な時間にすればいいだけです。

「暇な30分くれへん?」って聞けばいいだけです。

いくらでも、人間関係を作るチャンスは整っています。

気にせず声をかけましょう。

自分から働きかけるべき、受け身ではいけない

何事も自分から働きかけましょう。

僕自身。インドア派で内向的です。

でも、どんどん自分から声をかけていってます。

受け身でいてはいけません。

自分から声をかけましょう。