NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

「完璧なんてない」自分のあら探しをするのはやめよう

完璧主義。

あなたはどうですか?

僕は完璧主義ではありません。

でも、たまに自分のことを振り返って「自分のあら探し」をしてしまうことがあります。

「あんな発言したけど大丈夫だったかな?」

「あんなこと言ったけど相手は傷ついていないかな?」

「あんな発言をしたけど誤解を受けていないかな?」

そうやって、自分のあら探しをしてしまう時間があります。

今日までの僕がそうでした。

でも、吹っ切れました。

「人は失敗するもの」

「何もかもは完璧にはできない」

「多少の失言くらいしてしまう」

そう思ったんです。

「完璧なんてない」と。

 

そう思うと、自然と気が楽になりました。

ほとんどの失敗は取り返しがつきます。

だから、前向きに希望を持っていけば道は開けます。

 

僕が自分のあら探しをしてしまうときは、決まって精神的に生活的に対人関係的に絶好調の時です。

なにもかも絶好調だから「他にもっと改善できることはないかな?」と考えて、自分のことを振り返って「失敗したこと」を探してしまうんです。

もしそれでも「失敗が見つからない」ときは、「あり得ない不安」を探し出してしまいます。

 

せっかく絶好調なエネルギーを「不安探し」に注いでしまうんです。

そうして、僕はダウンしてしまうことが多いです。

だから、吹っ切れて「完璧なんてない」「悪いことなんてそうそうおこらない」「人との信頼はそんな簡単に壊れない」。

そう信じて、過ごしていくことにしました。

 

「完璧な人間」も「完璧な人間関係」もありません。

 

ときには、人を傷つけることもあるし、ときには、誤解を受けることもあります。

でも、発信活動をしたり、人と接している以上、それは避けられません。

だから、必要以上に自分を責める必要はありません。

 

そして、自分のあら探しをしだすようになったら「完璧じゃなくても今までやってこれただろ?」と自分に言い聞かせます。

もちろん、今までやってこれたのは関わってきた人のおかげです。

それは忘れません。

 

自分のあら探しはやめて、そうなったら「完璧なんてない」「大したミスじゃない」そう思って、自分にも人にも寛容になってください。

 

そうすると、きっと、人にも自分にも優しくなれると思います。

 

これが、悩み事の多い人へのアドバイスにもなると信じています。