NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

「人間関係を良好に」相手を否定も肯定もせず、そのまま受け入れる

人の意見。

どのように受け取っていますか?

僕は否定も肯定もしません。

それがその人だと受け取るんです。

Twitterを見ていると、さまざまなパワーワードや、否定的な意見を見かけます。

でも、僕はそれをスルーしてみています。

いちいちツイートを見て凹んだり、こうしなきゃとは思いません。

自分は自分だからです。

 

人の意見に対して、否定も肯定もしないということ。

それは、その人に対する敬意を表していることにもなります。

その意見を言った相手のありのままを受け取るからです。

ありのままを受け入れるということです。

 

相手の意見を否定も肯定もしないのは、ぶつかり合いを避けるためではありません。

相手をありのままに受けいれるためです。

相手に何か求められ、それを受け入れるのは、ただの逃げです。

「断れない」のは、あなたの弱さです。

 

「断る」ときは断りましょう。

「ノー」と言う権利はあなたにはあります。

それは、相手とディベートして意見交換するときに、否定も肯定もしないこととは違います。

 

さて、このことに最近気づけた僕は、コーチングをやってみたいなと思いました。

僕なりにそれなりの人生を送っているからです。

ただ、そこまで時間があるわけではないので、私塾を開いて多人数を相手に僕の伝えたいことをスピーチできればと思います。

そのスピーチは、すでにYouTube動画としてアップしていますが、今はまだテスト段階なので本番はこれからです。

 

もう一度、相手のことを否定も肯定もしないと言う話に戻ります。

それは、自分自身にも言えます。

「自分の言った意見に同意してよ!」と求めることも、

「自分の言った意見にリアクションしてよ!」と求めることも、

自分のエゴです。

 

相手にも、あなたの意見に、どうリアクションするかの権利があるからです。

相手の反応にイライラしないでください。

相手の反応は相手が決めることであって、あなたが指示できるもの、口出しできる者ではないからです。

 

まとめると、

相手のことを否定も肯定もせず「ただ聞く」。

相手の自分の発言への反応に口を出さない。

そうすることが、相手が相手だと受け止めて人間関係を良くする方法です。