NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

「怒り」を「攻撃」にするか?「建設的なエネルギー」にするか?

怒り。

みなさんにはありますか?

僕にはあります。

でも、怒りを「表現」をしません。

禅の精神をベースに怒りの「表現」を消して、創作活動のエネルギーに変えます。

 

優しさ。

みなさんにはありますか?

僕は優しいとよく言われます。

これは、僕はいつも相手が喜ぶことをしようと心がけているからです。

優しいとよく言われますが、その言葉がどういう定義なのかわかりません。

 

怒りを「攻撃」にするか?「建設的なエネルギー」にするか?

怒りを「攻撃」に変える人。

いますよね。

僕はそういう人は無視します。

怒りを「攻撃」に変える。

それは言葉でも実力行使でも「暴力」です。

誹謗中傷、嫌がらせなどです。

ですが、その「怒り」。

「建設的なエネルギー」にすることができます。

「怒り」を「建設的なエネルギー」にするとどうなるか?

次の項で書きます。

「怒り」を「建設的なエネルギー」にすると「優しさ」になる

「怒り」を「建設的なエネルギー」にすると「人への優しさ」に変えることもできます。

僕は「怒り」を常に持っていると「苛立ち」ではなく「生命力」になります。

僕にはよく言われる人の感情で「ひがみ」や「やっかみ」、「嫉妬」がありません。

人を励まし、勇気づけることが僕の生き甲斐です。

そして、人のやる気を出させていと思っているからです。

「怒り」のエネルギーを「優しさ」に変えると「励まし」や「勇気づけ」、「元気づけ」になります。

このように「怒り」のエネルギーを使えば、建設的ではないでしょうか?

少なくとも、僕はそうしています。

「怒り」を「建設的なエネルギー」にすると「創造性」になる

「怒り」は時に「何かを生み出すエネルギー」になります。

そう。

「怒り」は「創造性」の原動力です。

僕はブログ記事を書くのにも「怒り」の感情を使っています。

表現には「攻撃」を入れていませんが、僕は怒っています。

でも「攻撃するための怒り」ではありません。

補足:「怒り」を「攻撃」に変えると人生終わる

一つだけみなさんに警告します。

「怒り」を「攻撃」に変えると、人生終わります。

あるSNSで僕がブログを運営していた際、ある方に攻撃されました。

「私のいう通りにしなさい」それがその人の態度と言葉に表れていました。

僕は平和的解決を望んでいたので、ビデオチャットで話しましょうと提案しました。

ビデオチャットがつながって、僕は笑顔でその人に手を振ると、その人は無言でした。

固まって、マスクをして、目は絶望感にあふれていて、絶句していました。

「ああ。この人はここまでいってしまっていたのか」。

僕はそう思い。

医師に診断してもらうことを勧めようと思ったのですが「怒り」の解決に「攻撃」を選ぶ人なので、関わることをやめました。

その人はその後どうなったかはわかりません。

 

ここまでお読みいただきいかがでしたでしょうか?

「怒り」は誰にでもあります。

それを「建設的なエネルギー」に変えてみませんか?