NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

「不満をエネルギーに」なかったことにしたマイナスの感情を逆に利用する

感情。

溜め込んでいませんか?

僕は溜め込みまくっていました。

物事がうまくいかない。思った通りにならない。

そんな感情だらけでした。

そして、その感情をなかったかのように蓋をして、踏ん張り続けてきました。

すると、突然「あれ?おかしいんじゃないか?」と、思うようになりました。

溜め込んでいた感情。

なかったことにはできていなくて、自分の中の心のゴミ箱に溜まりまくっていたんです。

そこで、そのゴミ箱の中のゴミ袋をゴミ捨て場に運ぶことにしました。

 

感情は溜め込みすぎると毒

感情は溜め込みすぎると毒になります。

自分の中で「なぜうまくいかないんだ?」そう思っている時、解決せずに「まあ、そんなもんだろ?」と片付けていたら「なぜうまくいかないんだ?」という不満は心のゴミ箱に放り込まれ、そのうちその心のゴミ箱は溢れます。

心のゴミ箱から溢れた、溜め込みすぎた感情は、プラスの感情の領域にまで溢れ出し、正常なメンタルをキープできなくなります。

そうなると、毎日「なんだか満たされない」そんな感覚で過ごし、生きている実感を持てないまま時はすぎていきます。

感情は素直に受け止めよう

自分に起きた「なぜうまくいかないんだ?」という感情は、素直に受け止めましょう。

そして、その問題を解決する方に動くんです。

すぐに解決できない場合は「不満リスト」とでも作ってルーズリーフやレポート用紙に書いておきましょう。

「自分が不満を感じている」ということに自覚を持つんです。

そう、不満を素直に受け止めるんです。

「しょうがない」で流していたら、あなたの目は「誤魔化している心」でどんどん曇っていきます。

僕も曇った目をした知り合いがいるのですが、酒に入り浸りで、「自分の人生を生きることができていないな」と思いました。

不満は解決へのエネルギー

不満。

これは、蓋をするんじゃなくて、解決へのエネルギーになります。

「これは嫌だからしない」ではなく「どうすれば解決できるか?」あるいは「どうすればやらずに済むか」はたまた「どうすれば手間をかけずにできるか?」と、工夫することにつながるんです。

それは、不満に蓋をせず、エネルギーとして使った場合に起こります。

なので、不満は「しょうがない」ではなく「どうしてやろう?」そんな気持ちで向き合うべきだと思います。

 

ここまでお読みいただきいかがでしたでしょうか?

不満は放っておくと心が腐りますが、解決しようとするとエネルギーになります。

みなさんの健闘を祈ります。