NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

「シャキッとする」昼間から作業の合間に55度の熱湯シャワーを浴びる豪快さ

家での作業。

ちょっと捗らないなー。

なんて事ありませんか?

ライターさんされていても、主婦の方も、主夫の方も、リモートワーカーさんもです。

僕は今日は休みなので自由にブログ記事を書いていますが、ちょっと頭の回転が遅くなってきた。

そこで、熱湯シャワーを浴びてきました。

 

55度の熱湯シャワー

僕はいつもこの温度の熱湯シャワーを浴びます。

ただし、湯沸かし器によっては火傷するので注意してくださいね。

55度の熱湯シャワー。

強烈です。

作業のしすぎでぼんやりした頭もスッキリです。

熱湯はなぜいいかというと、血流が良くなって全身にエネルギーが湧いてくるからです。

頭から熱湯を浴びる

頭から55度の熱湯シャワーを浴びて「うおー」って言ってます。

そりゃ暑いわ。

くれぐれも、みなさんは湯沸かし器を55度に設定する前に大丈夫かどうか確認してくださいね?

頭から熱湯を浴びると、毛穴が全部開ききって、全ての汚れが取れる気がします。

実際にシャンプーしたり体も洗います。

頭から浴びて、シャンプーして頭をゴシゴシ。

最高の気分です。

シャキッとする

熱湯シャワー。

本当にシャキッとします。

なんせ55度ですから。

何度も言いますが、湯沸かし器によって違うので、みなさんは安全確認をしてからにしてくださいね?

熱湯シャワーをまず頭からかぶって、体にぶっかける。

本当に気分爽快です。

作業の合間の気分転換は熱湯シャワーに決まり!!

作業の合間。

気分転換に最適なのは熱湯シャワーです。

これでいうのは最後ですが、湯沸かし器によって違うのでみなさんは安全確認してくださいね?

「なんか煮詰まったなー」と思ったら「よし!シャワーいこう!!」です。

もともと僕は軽そうなのでシャワーの着替えも楽ちんです。

腕時計は防水なのでしたまま。

シャワーを浴びて、スッキリしたらすぐ作業場に戻ってMacBookに向かいます。

もちろん、愛用の昭和の扇風機は全開です。

かなりエネルギー無駄にしている気がしますが、これが一番生産性が高いです。

補足:寝る前は湯船に浸かりましょう

シャワーは作業の合間だけ。

寝る前には湯船に浸かりましょう。

そうすると睡眠の質も上がりますよ?

ちなみに、僕は自分が作業でヒートアップしてきた時は落ち着くために作業の合間でも湯船に入ります。

 

ここまでお読みいただきいかがでしたでしょうか?

熱湯シャワー。

気持ちの切り替えにおすすめです。

ただし、火傷しない温度にしてくださいね。