NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

「人生に目的を持つ」やっつけ仕事をやっていて虚しくありませんか?

人生の目的。

生きがいはありますか?

人生にはタイムリミットがあります。

そんな大事な人生。

やっつけ仕事でやっていて虚しくありませんか?

人生の中で、仕事が占める時間の割合は大きいです。

その仕事が、達成したくもない目的のためでいいんですか?

 

印刷という雑用を1日していても意義を感じる

僕はデザイン会社にグラフィックデザイナーとして勤務しています。

普段はAdobe社のイラストレーターというアプリケーションを使って仕事をしています。

いわゆる、「デザインをする」という一番わかりやすい目的を持った仕事です。

しかし、ある日、プリントアウトの仕事を任され、勤務時間中ずっとプリンターの前にいました。

それでも、僕はやりがいを感じていました。

「この印刷をすることで、僕が所属している会社が利益を得るんだ。」と。

そう思うと、一枚たりとも印刷を失敗しないように工夫をしました。

これが「仕事に目的を持ってやる」ということです。

このように、雑用でも「目的を持って工夫してやる」ということが仕事を意味のあるものとして行うということです。

 

人生に目的はありますか?

僕は人生に目的を持っています。

世界中の人が自分のやっていることに意義を持ち「自己実現に向けて前向きに取り組む」という社会を作ることです。

プライベートの目標はまた違いますが。

僕の仕事の目標は「自己実現型社会を作ること」です。

人に依存せず、自分がやりたいと思うことをやる。

ただ楽しいからという理由だけで、時間を浪費することをしない。

そんな人たちで溢れた社会を作りたいんです。

限られた人生、時間潰しをしている場合ではないと思います。

 

自分のやりたいことは探さなくていい

「自分のやりたいこと」それはもう、あなたの中にあります。

いちいち探さなくても、既に存在しています。

ではなぜ自分のやりたいことがわからないか?

それは「成功する保証がない」からです。

「本当はやりたいのに、自分で蓋をしているだけです。

その蓋の中に眠っているもの、いつか見つかります。

蓋が開くんです。

僕はビジネスの相棒と話をしていく中で、だんだんと蓋が取れてきました。

その相棒がいなければ、僕は自分で蓋をしていることに気づかないまま、一生を終えていたでしょう。

自分のやりたいことに気づかないまま、一生を終えることは実に虚しいです。

短期的利益にとらわれず。

一生をかけてやりたいことを見つけましょう。

 

ここまでお読みいただきいかがでしたでしょうか?

自分の本当にやりたいことに出会った時、あなたは命の目を吹き返します。

起業しろとか、フリーランスになれと言っているわけではありません。

そのあなたのやっている仕事が、一生をかけたいものか?

それを問うているだけです。