NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

「相手の話を聞けてる?」言葉のキャッチボールはいいものを生み出す理由3つ

相手の話。

ちゃんと聞けていますか?

僕は一方的に話すことが多かったです。

ですが、彼女から教わったことがあります。

「会話はキャッチボールだよ」と。

そう。

会話は言葉をやり取りするもので、演説ではないのです。

最近、コロナ禍で人とプライベートで会う時間が激減しています。

そんな中、電話で話すのが精一杯な大事な人たちがいます。

 

そのような大事な相手とは、言葉をキャッチボールとしてやり取りしたいものです。

 

そして、言葉のキャッチボールで、思いがけないアイデアが浮かびます。

そんな言葉のキャッチボールの効果を3つ紹介します。

 

言葉のキャッチボールの効果その1:アイデアが浮かびやすくなる

言葉をキャッチボールしていると、新しいアイデアがどんどん浮かびます。

相手との言葉のキャッチボールは、音楽のジャムセッションと同じです。

言葉のやりとりを通して、どんどんアイデアが湧き、ビジネスへとつながることもあれば、人生訓にもなります。

言葉のキャッチボールが人生を豊かにします。

また、会話の中でしか浮かばないアイデアもあります。

会話とはそれほど大事なものです。

言葉のキャッチボールの効果その1:話が楽しくなる

言葉を一方的に話さず、相手の話をよく聞き、意見をすると話が楽しくなります。

僕はいつも話すことが好きなので、相手に一方的に言葉を放っていましたが、それでは相手は楽しくないと思います。

僕自身も相手の一方的な話は好きではありません。

ただし例外についてはこの記事の、補足の項に書いてあります。

言葉のキャッチボールの効果その1:相互理解が生まれる

言葉を一方的に押し付ける説教ではなく、言葉のキャッチボールをして、相手と話の理解度を一致させることで、相手との話題にしているものが、より鮮明になります。

相手と相互理解をすることは、お互いにとっていいことです。

ヒップホップのラップバトルと同じようなものです。

相手を屈服させるのが目的ではなく、言葉で相互理解しようとします。

お互いの相互理解が深まったら、相手との信頼関係もしっかりと築けるでしょう。

補足:自信を失っていたときに相棒からもらった厳しい指導

僕は自信を失って方向を見失っていたある日、相棒に電話しました。

仕事で忙しいだろうなと思いつつかけた電話で、なんと相棒は2時間以上も僕に厳しい指導を一方的に話してくれました。

僕の反論・言い訳を一切許さずにです。

その相棒の叱咤激励がきっかけで、僕は今、立ち直れています。

一方的な指導は時に人を生まれ変わらせます。

そんな相棒に感謝してもしきれません。

 

ここまでお読みいただきいかがでしたでしょうか?

会話はキャッチボールです。

補足の項で挙げた相棒の指導という特別な例外を除き、

相手とは相互理解を深める方向で話しましょう。