NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

「会社員の良さ」フリーランスがブームだけど会社員のよさ3つ

会社員。

僕は4月からデザイン会社にグラフィックデザイナーとして勤務しています。

それまでは、会社員生活が嫌で、6年間、在宅ワークをしていました。

ですが、文字だけのやりとりで仕事をすることに虚しさを感じ就職しました。

そこで、会社員の良さを再発見しました。

 

そんな、フリーランスより会社員のいいところを3つ紹介します。

 

では、始めます。

 

フリーランスより会社員のいいところその1:チームで仕事できる

フリーランスは孤独な仕事です。

相談できる人がいません。

僕もこの6年。一人で孤独にやってきました。

ですが、いざデザイン会社に就職すると、暖かいチームが待っていました。

人とコミュニケーションを取りながら仕事をすることに感動を感じました。

フリーランスの孤独さに疲れたら就職してみるのはいかがでしょう?

フリーランスより会社員のいいところその2:責任を自分だけで負わなくていい

フリーランスと違い、会社員の場合は会社が責任を取ってくれます。

自分の失敗一つで、取ってきた案件がゼロになることはそこまでありません。

責任が分散していて、精神的プレッシャーが会社員はフリーランスと比べて少ないです。

ある、会社役員の友人が言っていました「リスクをとることをしても会社が責任を取ってくれる」と。

会社が裏で支えてくれる部分は、大きいわけです。

 

フリーランスより会社員のいいところその3:給料が安定している

就職したら確実に給料がもらえます。

フリーランスをやっていた当時の僕は、仕事を失敗すると収入ゼロの時もありました。

また、仕事を営業して取れないと、その月の収入はゼロです。

そんな状況は嫌だと思ったので就職しました。

金銭的充実は人のメンタルを安定させます。

会社員として衣食住と通信サービスという最低限は、安定して稼ぎたいです。

補足:フリーランスと会社員のパラレルワークもあり

僕はフリーランスというか、自分でやっているビジネスと会社員のパラレルワークをしています。

こうやって、同時に仕事を受け持つと、1日の中でも切り替えとメリハリが効いて、非常に生産性が上がります。

二つの仕事をこなして、楽しくやっています。

 

ここまでお読みいただきいかがでしたでしょうか?

フリーランスブームですが、会社員は会社員でいいところがあります。

みなさんの素敵なビジネスライフを応援しています。