NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

「リラックスしてがむしゃらに働こう」どうせ仕事するんなら全力でする理由3つ

仕事。

全力でやっていますか?

やっつけ仕事で仕事をしていたら、その時間は無駄な時間になってしまいます。

仕事・タスクの目的を見極めて、それを達成するためにがむしゃらに働くべきだと思います。

「ゆるく」というワードが流行っていますが、それはプライベートでの話です。

僕自身、

「禅」をすすめていますが、それは無駄なものを排除して、やるべきことに集中するという意味であって「ゆるく」ではありません。

一日中「ゆるく」いると精神が腐ります。

なにごとも「まあいいか」で済ませる人生でいいのか?

僕はそう思います。

 

そこで、どうせ仕事するんなら全力でしようという提案を3つ書きます。

 

どうせ仕事するんなら全力でしようという提案その1:手を抜くこととリラックスすることは違う

「ゆるく」というワードがあります。

ですが僕が思う「ゆるく」というワードは「余計な力が入らない」という意味です。

手を抜くこととは違います。

リラックスして、全体を俯瞰して、細部にこだわる。

それが僕なりの「禅」の思想であり、リラックスするということです。

「ゆるく」というワードが与える印象を「手を抜く」「これくらいにしとく」で受け止めるのは間違いだと思います。

どうせ仕事するんなら全力でしようという提案その2:仕事がだるい人に仕事されたら迷惑

仕事がだるいと思っている人に仕事をされると正直迷惑です。

やる気がないんなら帰ってくれと思います。

体調不良なら仕方がないんですが、給料は空から降ってくるものではありません。

あなたの給料はあなたの成果に対して払われています。

成果を出せないのなら給料をもらう権利はないと思います。

ぶら下がり社員は解雇されるべきだと思います。

どうせ仕事するんなら全力でしようという提案その3:仕事の時間を充実させなかったら人生を無駄にする

社会人になると、仕事の時間が人生の大半になります。

その時間を「ボーッと」やっていたら、完全に時間の無駄です。

自分が好きな仕事を全力でやり抜く。

そうすると仕事時間が充実して、日常生活や恋愛、交友関係もうまくいきます。

「ボーッと」仕事をしておいて「仕事だるい」と言う。

最低だと思います。

それが人生の無駄と言います。

 

ここまでお読みいただきいかがでしたでしょうか?

常に仕事は全力で向かいましょう。

そして、自分のモチベーションを知って、仕事のペースを調節しましょう。

仕事が終わったらプライベートの時間です。

そこで好きなことを思う存分しましょう。