NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

「ネガティブはいらない」なにごとも前向きに考えるべき理由3つ

ネガティブな気持ちになってしまうことってありますよね?

僕もそうなっていた時期がありました。

そんな時、思ったんです。

「この気持ちはなんなんだろう?」と。

そこで気づいたんです。

「ネガティブっていうのは逃げてるだけだな。」と。

じゃあ、どうするか?

「何事も前向きん考えよう」と思いました。

 

今回は「なにごとも前向きに考える理由」を3つ紹介します。

 

では、始めます。

 

なにごとも前向きに考える理由その1:解決しようという気になる

前向きに考える建設的に物事を考えるようになります。

クリエイティブに色々なアイデアが浮かんできます。

今も僕はYouTubeMusicで音楽を聴きながら、明るい気持ちで記事を書いています。

「未来は明るい」そう希望をもって生活してるんです。

前向きに考えていると、何か問題が起こったとしても「不安にならず・動揺せず」解決する方向に物事を考えるようになります。

なにごとも前向きに考える理由その2:文句という意味のないことを言わなくなる

「文句」「愚痴」これほど意味のないことはありません。

そんな時は脳が疲れてるんです。

前向きな気持ちきになれるように、眠ったり、散歩したりしてみてください。

そうすると、前向きな気持ちになり「文句」「愚痴」を言わなくなります。

僕は「文句」「愚痴」が嫌いです。

聞きたくもありません。

否定的な言葉も嫌いです。

そういったものは人に不快な感情を抱かせ、言った方も言われた方もいいことがありません。

人を自分のネガティブな感情の巻き添えにすることは、やめましょう。

僕もネガティブな感情が起こった時は眠るか、散歩するか解消して、人を見添えにしません。

前向きな気持ちでいれば「文句」「愚痴」という意味のないことを言わなくなります。

なにごとも前向きに考える理由その3:メンタルが整い生産性が上がる

前向きに考えていると、メンタルが整います。

そして、生産性が上がります。

メンタルを整えるために、僕は禅も使っています。

「不安・動揺」し始めた時は、座禅を組んでその穏やかでない気持ちを解消します。

そうやって「不安・動揺」を解消して、前向きな気持ちでいると、さまざまな作業の生産性が上がります。

実際に僕は今日も朝5時前に起きて、ひたすら記事を執筆しています。

このように、毎日、生産的にいれば、結果にたどり着きます。

 

ここまでお読みいただきいかがでしたでしょうか?

目に見えないものの解決はできません。

目に見えないものの答えを探す前に、現実的な答えを探しましょう。

「なにごとも、前向きに」です。