NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

「ビジネスにはつきもの」数値を追うのに疲れた時にするべきこと3つ

数値。

ビジネスにはつきものです。

ですが、数値には感情がありません。

数値は冷酷です。

現実を叩きつけられます。

そんな時、上手くいっていても、僕は「もっともっと」と、考えてしまいます。

しかし、ビジネスはそんなにすぐ結果が出るものではありません。

「もっともっと」と数値を上げようとしているとき、数値に疲れてしまいます。

そんな時にどうしたらいいか?

3つに分けて解説します。

 

ビジネスで数値に疲れた時にするべきことその1:数値は傾向だと割り切る

数値は。

所詮数字です。

傾向だと割り切って、流れだけ読み解きましょう。

例えば僕のしていることの一つであるこのブログも常にGoogleアナリティクスで数値が更新されます。

状況は刻々と変化していきます。

それをモニタリングしながら、どんな傾向で数値が動いているか、観察して、一喜一憂しません。

ビジネスで数値に疲れた時にするべきことその2:落ちていても上がっていても冷静に

ビジネスで出てくる数値は、落ちていても上がっていても、それは一時的なもので、感情を動かすべきものではありません。

「落ちているのか上がっているのか?」それが大事なのではなく「その数値をどう行動に反映すべきか?」ということを考えるべきです。

例えばブログだとさまざまな角度の数理があります。

PV数、直帰率、ページ滞在時間、読まれている記事、時間によるPV数の増減、曜日によるPV数の増減。

Googleアナリティクスを駆使して、分析しまくります。

ですが、そこに感情はありません。

冷静に、数値を扱います。

ビジネスで数値に疲れた時にするべきことその3:数値だけで行動を判断しない

ビジネスにとって、数値とは重要な指標になります。

ですが、それだけで行動を判断すべきではありません。

絶対値は特に危険です。

一瞬出てきた数値だからです。

それよりも、傾向や割合などを判断基準にして観察して、自分の頭の中でイメージを膨らませて行動を判断するべきです。

ビジネスで取るべき方針は、イメージでするべきものであって、数値ありきではないんです。

 

ここまでお読みいただきいかがでしたでしょうか?

数値よりもイメージを大事にして、ビジネスは進めるべきです。

イメージがあれば、数値には現れない成果を生み出すことができます。

みなさんのビジネスの成功を祈ります。