NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

「依存しない」メンタルが弱い人が自立して生きるとコツ3つ

人に頼り切り。

人にべったり。

そんな状態になっていませんか?

メンタルの弱い僕も長い間、人に依存していました。

いわゆる、かまってちゃんです。

かまってちゃんは、嫌がられます。

どうしてかというと、意味もなくコミュニケーションを取ろうとするからです。

話しかけたら、普通の人は真面目に話を聞こうとします。

ですが、聞き手は、かまってちゃんが話し相手をしてほしいだけだと分かった瞬間、がっかりします。

そのコミュニケーションに意味がないからです。

ですが、自己肯定感が上がって、一気にかまってちゃんを脱出しました。

 

かまってちゃんに依存されている方は時間とメンタルを無駄にしてしまいます。

そうなると、かまってちゃんの周りからは人が離れていきます。

 

そんなかまってちゃんが自立する方法を3つ紹介します。

 

では、始めます。

 

メンタルが弱い人が自立するコツその1:話し相手をしてもらっても心は満たされないことを知る

かまってちゃんは話し相手を欲しがります。

僕自身、過去はそうでした。

ですが、かまってくれたら、話し相手をしてくれたら楽しいのはその時だけ。

かまってほしいだけで話し終わった後には、虚しさが残ります。

その感覚を知っているので、かまってほしいからと相手に依存することをやめました。

これが最初の自立です。

メンタルが弱い人が自立するコツその2:自分の時間を味わえるようにする

誰もいなくても、自分だけの時間を味わえるようになると、自立できます。

僕自身。

MacBookに出会ったことで、もともと好きだったパソコンがもっと好きになりました。

そのおかげで、MacBookを触っているだけで楽しい。

そう思えるようになりました。

このように、自分の趣味や夢中になれることを見つけると、自立することができます。

メンタルが弱い人が自立するコツその3:自分で何かクリエイトしていく

メンタルが弱い人は、常に何かを与えてもらうことを望んでいます。

僕も人にそばにいてほしいとか、かまって欲しいとか、そういった受け身の部分が多かったです。

でも、ブログを始めるようになって、自分で何か創作していくことの楽しさに目覚めました。

自分で何か生み出して、それに反応がある。

これは、承認欲求をとても満たしてくれます。

この承認欲求の充足で、メンタルも安定して、自立できるようになります。

 

ここまでお読みいただきいかがでしたでしょうか?

自立して生きていけるようになればメンタルは改善します。

メンタルで苦しんでいる皆さん。

前向きにいきましょう。