NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

「失敗が怖いと思うのが失敗」結果を出すために挑戦していくことの必要性

結果を出す。

ものすごくプレッシャーですよね?

「失敗したらどうしよう?」

そんなプレッシャーもありますよね?

僕もありました。

でも、ある日から吹っ切れたんです。

「やらなきゃ意味がない」って。

そこから僕は怖いものは無くなりました。

 

そんな、チャレンジしていくことの必要性について書いていきます。

 

では、始めます。

 

失敗が怖いと思うのが失敗

失敗。

怖いですか?

前までの僕は怖かったです。

今でも、在庫リスクのあることはしません。

でも、失敗が怖くて金銭的リスクがないチャレンジをしないことは、失敗だと思います。

「失敗を怖いと思うこと。」

それが失敗です。

成功するか?失敗するか?

それは誰にもわかりません。

失敗するとわかっていて、まずスタートを切るんです。

 

失敗を前提にスタートすることが大事

新しいことにチャレンジするとき、

失敗するのは当たり前です。

失敗を前提にスタートしてみましょう。

それはなぜか?

それは、成功を想像してスタートすると、頭の中で成功をイメージして、頭の中で成功してしまうからです。

それよりも、現実を知りましょう。

実際にスタートして実行してみると「ああ、これは無理だなあ」と思うことがあります。

でも逆に「これは面白い!!」と思うこともあります。

この「これは面白い!!」と思えた時は半分成功しています。

この「これは面白い!!」か「これは無理だなあ!!」と、判断できることが、まずはスタートすることの大事さです。

頭の中でシミュレーションするだけでは意味がありません。

 

結果がすぐに出ないからと諦めない

結果。

すぐに出ることはほとんどありません。

新しいことを始めてすぐに結果が出たとしても、それはビギナーズラックです。

つまり、偶然です。

結果がすぐに出なかったらやめてしまうのは、スタートするまでの準備に費やした時間を無駄にしたことになります。

そんなもったいない話はないです。

「自分にもできる!!」そう思えたことは、ある程度の期間は続けましょう。

逆に始めた瞬間に「これは無理だ!!」と思ったことはさっさとやめて次に行きましょう。

結果はすぐには出ません。

「自分にもできる!!」。

そう思ったことは、とことん粘りましょう。

 

ここまでお読みいただきいかがでしたでしょうか?

僕は偉人のスピーチをYouTubeで聴きながら、記事を書いています。

チャレンジを常に忘れずに。

自分の人生を思う存分楽しみましょう。