NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

メンタルの弱い人が、新しいことを始める時に気をつけたほうがいい理由3つ

メンタル。

あなたは強いほうですか?

僕は弱いです。

自覚しています。

なので、さまざまな工夫をしてきました。

 

今回の記事では、「新しいことを始める時」ということを題材にしました。

 

どうして新しいことを始める時にメンタルの弱い人は気をつけたほうがいいのか?

それは、メンタルの弱い僕自身が大失敗をして、その後、立ち直った方法を皆さんにお伝えしたいからです。

 

では、新しいことを始める時気をつけたほうがいい理由を3つ紹介します。

 

新しいことを始める時気をつけたほうがいい理由その1:一つずつ慣れていく

これが一番大事です。

どうしてそこまで断言できるか?

それは、僕自身が大失敗をした赤rです。

僕は6年間、在宅ワークをしていて、グラフィックデザイナーとして6年ぶりに出勤する仕事を始めました。

新しいことに慣れることはとても大変でした。

その6年ぶりの出勤と同時に、ネット上での仕事も誘われて、請け負っていました。

これが3つ4つ増えていって、僕のメンタルはおかしくなっていきました。

「あれもこれも」とやって、自分のキャパシティを超えていたんです。

限界が来た僕は、確実にお給料がもらえるグラフィックデザイナーの仕事一本に絞りました。

これで一気に回復し、最近は非常にメンタルの調子がいいです。

ここで気づいたことは、メンタルが弱い人は、一つ一つ確実にこなしたほうがいいということです。

新しいことを始める時気をつけたほうがいい理由その2:関わる人を減らす

これも大事です。

人の一番の悩みは「対人関係」。

「嫌われる勇気」という本でブームとなったアドラー心理学でもそのように言われています。

僕自身。

転職をしてしんどくなった時に、人間関係の断捨離をしました。

これが功を奏し、今の安定した僕があります。

人間関係の断捨離をすると、逆に残った人と丁寧に接することができるようになり、信頼関係や密度が濃くなります。

新しいことを始める時気をつけたほうがいい理由その3:規則正しい生活をする

これも非常に大事です。

僕は転職と、新しい仕事でメンタルがおかしくなっていった時、メンタルが完全に崩壊しなかったのは、規則正しい生活をしていたからだと思っています。

生活習慣を守っていたので、転職と新しい仕事という大きな変化という荒波も乗り越えることがありました。

 

ここまでお読みいただきいかがでしたでしょうか?

メンタルが弱い人は新しいことを始める時、慎重にしないと受けるダメージが大きいです。

新しいことを始めるときは慎重にいきましょう。