NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

「丁寧に動く」禅の所作とMacBookをヒントにした穏やかな身の動きの効果

丁寧に動く。

あなたはできていますか?

丁寧に動くことは禅の作法の一種です。

僕は禅宗ではありませんが、禅の作法をヒントに自分の動きを工夫しました。

その動きの効果について、今回は解説します。

 

心と体は繋がっている

いつもあくせくしているあなた。

そして、グラフィックデザイナーという仕事で一所懸命に働いて、心拍数が上がっている僕。

穏やかな時間も必要だと思います。

そこで、体の動きを穏やかにしたら心も穏やかになるのではと考えました。

この考えは、禅の作法に「所作を正しくする」とあることをヒントにしました。

実際に僕が、ゆったりと無駄のない操作を実践したところ、心に変化が現れました。

精神状態が穏やかになったんです。

心に余裕ができるというか。

具体的にどのように動作をゆっくりさせたかというと、キーボードのタイピングスピードをゆっくり確実にしたり、飲み物をゆっくり飲むようにしました。

このような、確実でゆっくりとした力任せでない動作を続けていると、心が穏やかになってきます。

そして、丁寧に部屋を片付け、無駄なものは作業台に一切ありません。

そう。

心と体は繋がっているんです。

部屋の中のものを一つ一つ丁寧に隅々まで片付けると落ち着く

禅の精神に「無駄を省く」というものがあります。

僕自身もごちゃごちゃ散らかっていた部屋が嫌で、ミニマリズムを極め、結局は作業机の上はMacBook一台に行きつきました。

僕はMacBookとiPhoneが好きなのですが、これらのデザインは「禅」の思想がルーツだと僕は考えています。

もちろん、デザイン工学の側面もありますが。

なぜ、MacBookやiPhoneのデザインが「禅」の思想がルーツなのか?

それは、Appleの創業者である、スティーブ・ジョブズ氏が、禅を学んでいたからです。

この「禅」の精神が行き届いたMacBook一台が作業台の上にあるだけで、部屋はことごとく片付きます。

MacBookを中心に、いかに部屋をきれいに保つか?デザインをするように部屋の中のものを一つ一つ吟味するんです。

いわゆる禅をルーツとしたMacBookが僕の部屋の整理整頓のお手本です。

こうやってどんどん部屋を片付けていくと、心が穏やかになっていきます。

そうなると。

ホッと一息。

インスタントコーヒーを入れて、落ち着いて美しく洗練されたMacBookを眺められるわけです。

 

ここまでお読みいただいていかがでしたでしょうか?

動きを丁寧にして、部屋を片付ければ、あなたの心も美しくなります。