NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

「自意識過剰を克服」人の目が気にならなくなるコツ3つ

人の目。

気になりませんか?

僕も昔は自意識過剰でした。

どう思われているか?嫌われていないか?

そんなネガティブな思考ばかり渦巻いていました。

ですが、ここのところそれがないです。

 

そこで、僕が人の目が気にならなくなった理由を「コツ」として紹介します。

 

人の目が気にならなくなるコツその1:経験をたくさん積む

人の目が気にならなくなるコツ。

その一番は、恥ずかしい経験をたくさん積むことです。

自分では恥ずかしいと思っていても、笑ってくれた相手には笑いを提供しているなんてこともあります。

僕自身。

ネット上で自分のありのままを描いています。

それはもう恥ずかしいことだってあります。

 

そして恥ずかしい経験ともう一つ経験しておくべきことは「失敗経験」です。

失敗して立ち上がった経験を積むと、失敗が怖くなくなります。

自分では「大失敗して恥ずかしい」と思っていても、周りの人は立ち上がろうとする姿を見て「頑張っているな」と思います。

「失敗は糧」です、どんどん失敗して、経験を積みましょう。

 

失敗経験を積むこと。

恥ずかしい経験を積むこと。

この2点が、人の目を気にしなくなるコツの一つです。

人の目が気にならなくなるコツその2:どう思われようがなんの害もない

正直。

噂話を流されようが、なんてことはないです。

噂話を真に受けて、離れていく人は本当のあなたを見ていません。

そんな人を相手にしてなんの意味があるんでしょうか?

噂話を真に受けて離れていく人は、初めから付き合う価値のない人です。

あなたそのものをしっかり見てくれる人と付き合いましょう。

人の目が気にならなくなるコツその3:自分のせいだけじゃないと思う

何か失敗をやらかした時。

「自分のせいだ」「やってしまった」と自分を責める方もいると思います。

僕もそうでした。

でも、自分だけのせいじゃないんです。

相手にも責任がある。

環境にも責任があります。

そうやって「自分を責めることを減らす」わけです。

もちろん、全て人や環境のせいにしてはいけません。

自分の失敗や、次に困った事態にならなようにする工夫は、惜しみなくしましょう。

 

補足:自意識過剰は辛いだけ

自意識過剰は本当に辛いです。

自分だけ「どう見られているだろうか?」「嫌われていないだろうか?」

それを気にしているだけです。

自分だけの独り相撲なんです。

そんな無駄なことからは離れて、行動しましょう。

 

ここまで読んでいただいていかがでしたでしょうか?

自意識過剰から解放されると、フットワークが軽くなります。

きっと、新しい自分に出会えますよ?