NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

「仮眠は脳への最大のご褒美」睡眠は悩みを解消する理由3つ

悩み。

みなさん感じていませんか?

仕事の進め方。将来へ向けた貯蓄。人間関係。

僕自身も悩んでいます。

ですが、仮眠を取ることで回復しました。

寝不足は人をネガティブな方向へもっていきます。

僕も今日は深夜に目覚めてしまってネガティブな方向に気持ちが傾いていました。

焦りと不安のオンパレードです。

ですが、仮眠をとることで回復しました。

 

今回はそんな、眠れば悩みは解消する理由を3つ紹介します。

 

眠れば悩みは解消する理由その1:眠りは頭の整理になる

悩んでいる時。

人の思考は整理されず、散らかった状態になっています。

そもそも、思考が整理されていないから悩んでいるのだと思います。

僕は多少の悩みなら紙に図で書き出して視覚化して整理します。

でも、それでも悩みが晴れない時は仮眠をとることにしています。

散らかりまくった頭は睡眠を求めています。

睡眠をとって、頭の情報を整理しましょう。

眠れば悩みは解消する理由その1:眠りは脳の充電

脳は起きている時も、寝ている時も働き続けています。

ですが、眠っている時の脳は大半の部分が休んでいます。

悩んでいると、脳はどんどんエネルギーを消費し、わけのわからないネガティブな方向へ思考が向かいます。

疲れ切った脳はネガティブなことしか考えられなくなるんです。

そんな時は、睡眠という脳への最大のご褒美をあげましょう。

悩みに疲れた脳に仮眠をとらせると、目覚めた時には脳は活き活きとして、気分もメンタルも前向きになります。

眠れば悩みは解消する理由その1:仮眠をして思考をリセット

脳が疲れて悩んでいる時、その悩みが極限に達すると思考をリセットする必要があります。

パソコンを再起動するのと似ているかもしれません。

悩みで脳がいっぱいになってしまったら、もうリセットして悩み事どこかへ吹き飛ばしてしまうしかありません。

その、悩み事へどこかに吹き飛ばす方法は「睡眠」です。

僕はあまりにも脳が疲れると、3時間は眠ってしまいます。

それだけ眠ると「なんで悩んでたんだろ?」と、悩みが吹き飛ばされ、前向きな気持ちになります。

睡眠は大事な脳の保護機能です。

 

ここまでお読みいただきいかがでしたでしょうか?

悩み事をしたりメガティブになっている気持ちをリセットしてくれます。

「悩んでどうしようもない」。

そうなったら眠って忘れましょう。