NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

「雨を味わう」雨の日にもパフォーマンスを発揮する過ごし方3選

梅雨。

雨が続きます。

みなさんはどう過ごされていますか?

読書?NetFlix?YouTube?ネットサーフィン?

では、気分はどうですか?

出勤が憂鬱?通学が憂鬱?洗濯物が乾かなくて憂鬱?

 

僕自身も雨の日は憂鬱でした。

ですが、過去形です。

それは「雨でも関係ない」と思えるようになったからです。

「雨でも関係ない」とはどういうことか?

これから3つに分けて紹介します。

 

雨の日にもパフォーマンスを発揮する過ごし方その1:外で運動する

雨の日に「外で」運動?

「え?濡れるやん?」と思いません?

僕も今までそう思って雨の日のウォーキングは憂鬱でした。

ですが、ずっと家の中にいる方が憂鬱になってしまいます。

外に出て、あえて雨を味わって、レインコートを着てウォーキンすぐするようにする。

それができるようになるだけでも、雨の日耐性はつくと思います。

「今日は雨だ、憂鬱だ」ではなく「今日は雨だな、何しよう?」と雨の日を味わえるようになったら完璧ですね。

雨の日にもパフォーマンスを発揮する過ごし方その2:朝活ルーティンを守る

「雨だから今日はだるいな」。

そんな時に活躍するのが朝活ルーティンです。

僕は雨の日も朝活ルーティンを守ります。

365日。

同じルーティンです。

シャワーを浴びて、音楽をかけて、着替えて、部屋を掃除して、Tweetして、リプ返して、ウォーキングに行って、記事を書く。

これを繰り返しています。

ちなみに、頭でいちいち思い出さなくていいように、朝起きたらiPhoneでThings3というタスク管理アプリを起動してその日の流れをおさえます、

雨の日にもパフォーマンスを発揮する過ごし方その3:ジャーナリングする

ジャーナリング。

ご存知でしょうか?

思っていることを書き出す、マインドフルネスの手法の一種で、リラックスできて頭が整理されます。

雨の日にもウォーキングに行くという話をしましたが、家の中でも「雨だな、嫌だな」と思うのではなく、雨音を聴きながらジャーナリングすることもおすすめです。

どうしてかというと、雨音には人の心への癒し効果があるからです。

そんな癒しの音を聞きながら、ジャーナリングして自分と向き合う。

これは素敵な雨の日の過ごし方ではないかと思います。

 

ここまでお読みいただきいかがでしたでしょうか?

「雨の日を味わう」

そういう発想。

持ってみてはいかがでしょうか?

雨の日を言い訳にせず。

前向きにいきましょう。