NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

「人とぶつかれ」自分の意見を貫き通す大事さ3つ

自分の意見。

持っていますか?

「皆がそう言っているから」

「喧嘩したくないから」

そういって、自分の意見を押さえつけていませんか?

 

僕は本当にお互いに自分の意見を言える友達だけとしか付き合いません。

 

ビジネスの話をする親友。

ガジェットの意見交換をする親友。

人の気持ちを大事にする親友。

 

こう言った親友に囲まれています。

 

僕は人と意見がぶつかることを恐れません。

逆に合わせてくるだけの人とも付き合いません。

 

そこで、自分の意見を貫き通す大事さを3つ提案します。

 

自分の意見を貫き通す大事さその1:自分の価値観がしっかりする

いつも人に合わせてばかりいませんか?

自分の価値観がハッキリすると心が折れにくくなります。

人に合わせてばかりだと、自分が何を考えているのか?自分は何者なのか?

そんなことすら忘れてしまいます。

自分という人格を心の奥底に封じ込めてしまっているんです。

人に合わせるのは、生活の知恵や、工夫などのテクニック的な面だけにしておきましょう。

自分の価値観は、どんどん前に出して、相手と積極的に議論しましょう。

自分の意見を貫き通す大事さその2:自己肯定感が高まる

自分の意見を貫き通して、自分に正直にいると、自分がぶれなくなります。

それが自己肯定感が高まっているということです。

そうなると、心は折れなくなってきます。

人に対して、合わせなければならない場面は、職場、ご近所付き合いくらいです。

あとは、真剣に話をできる人とだけ話せばいいんです。

友達は数じゃありません。

質です。

お互い意見をぶつけ合って、しっかり議論して互いに高め合いましょう。

自分の意見を貫き通す大事さその3:真剣に議論をするからクオリティの高い話ができる

真剣に議論しないと、ただの仲良しグループになり、会話の質が下がります。

いつも同じ話をして楽しいですか?

確かに仲良しグループは心地がいいです。

でも、そこに成長はありません。

真剣に議論して、互いに切磋琢磨できる、最高の友達で周りを固めましょう。

ただし、真剣に議論をすると言っても「喧嘩をうれ」と言っているわけではありません。

ディベートをするんです。

議論をするんです。

それこそが非常に重要なことです。

ぶつかりあえばぶつかり合うほど、仲はよくなっていきます。

喧嘩を恐れず、思ったことを言って成長しましょう。

 

ここまで読んでいただいていかがだったでしょうか?

いつもの仲良しグループに入りびたるのではなく、危険をおかしてでも、思っていることを言いましょう。

それが本当の友達です。