NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

「HSPさんの音楽の楽しみ方」ライブ動画は音声だけで楽しんだ方がいい理由3つ

HSPさん。

ハイリー・センシティブ・パーソン。

繊細すぎる人。

 

要するに、さまざまな刺激に敏感な人。

という意味です。

 

僕自身、HSPです。

特に資格から入る情報に圧倒されて動画などをみていると疲れます。

そこで、ライブ動画を楽しむときも音声だけで楽しんでます。

 

僕自身、HSPだからなのか人が多いところが苦手で、ライブに行ったことが38年の人生で2回しかありません。

でも、ライブ映像をわいわいやっている姿を見るのは好きです。

でも、動画で映像で見ると疲れる。

HSPさんの僕にとっては情報量が多すぎるわけです。

 

そんなHSPさんがライブ動画を疲れずに楽しむ方法を3つ紹介します。

 

HSPさんはライブ動画を音声だけで楽しん方がいい理由その1:刺激が少ない

最初に挙げられるとしたらこれです。

単純に、目から入ってくる情報量が少ないので、楽に疲れずに楽しめます。

音声だけでもライブの雰囲気を味わえます。

目からの刺激を減らすため、目を閉じるか、ベッドでゴロゴロしながら映像を見ずに楽しむことをオススメします。

僕の場合は記事を書いたり、TwitterをしながらBGM的に、ライブ映像の音声を流しています。

ライブ音声をMacBookで流しながら記事を書いたりTwitterをすることで、ライブ会場で作業している気分になります。

HSPさんはライブ動画を音声だけで楽しん方がいい理由その2:HSPさんは想像力が豊か

「繊細さんの本」という本がブームになりました。

HSPという概念を広げる一翼を担った本です。

僕もこの本を読みました。

そこにあったHSPさんの特徴に「想像力や感性が豊か」ということがありました。

そうなんです。

ライブ映像の音声だけでもHSPさんは想像力や感性を働かせて、まるでライブ会場にいるかのようにライブ映像の音声を楽しめます。

これはHSPさんの特権ですよね。

思う存分、ライブの雰囲気を音声から想像力・感性を働かせて楽しんでみてください。

HSPさんはライブ動画を音声だけで楽しん方がいい理由その3:ライブに行かなくてもいい

ライブ映像を音声だけでも、持ち前の想像力と感性で楽しめるHSPさんは、ライブに行く必要がなくなります。

僕自身の経験上。

ライブ会場には様々な人が来ます。

ライブは一種のお祭りのようなものなので、来ている人はみんな「ワイワイ」しています。

そんな雰囲気、刺激がHSPさんにとっては苦痛だと思います。

僕もそうです。

だからこそ、ライブ映像を家に居ながらにして音声で楽しむことで、ライブの雰囲気を味わえばライブに行かなくてもライブを楽しめます。

 

ここまでお読みいただきいかがでしたでしょうか?

HSPさんは刺激に敏感です。

わいわいお祭り気分のライブは苦手でしょう。

映像を見るだけでも疲れると思います。

だったら音声でライブの雰囲気を味わっちゃいましょう。