NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

Apple Watchをやめて1000円の腕時計にした3つの理由

この記事を見にこられた方は、Apple Watchを買うか迷われている方、あるいは、Apple Watchを買ったけど使いこなせていないと感じられている方が多いでしょう。

 

僕自身もApple Watchを買うか2年迷いました。

まずは、Apple Watchってどんもの?と、YouTubeで動画を観たり、公式サイトを見たり、レビューブログをみたり。

さまざまな情報収集をしました。

その結果、決めました。

 

Apple Watchは、いらない。1000円の腕時計でいい。

 

その理由を3つ紹介します。

 

1000円の腕時計にした理由その1:欲しい機能をしぼるといらなくなった

これが一番の理由です。

僕が腕時計に求めているものは時間、電波で自動補正、カレンダー、ストップウォッチ、タイマーです。

それならば、今使っているホームセンターで1000円で買った腕時計には全部ついていますし、日本製です。

これ以上の機能で欲しいとすれば、Apple Musicの操作くらいです。

Apple Musicの曲送りや音量操作くらいで、安いものでも30,000円も払うのはもとが取れないのでApple Watchをやめて、今の1000円でホームセンターで買った腕時計を使うことにしました。

 

1000円の腕時計にした理由その2:操作が増えると時間を取られる

iPhoneの操作だけでも時間を取られるのに、スマートウォッチである、Apple Watchの操作までこなそうと思うと、どんどん時間を取られてしまいます。

物事、シンプルなほうがいいです。

なぜなら、迷えば迷うほど、集中力が減っていくからです。

 これが、Apple Watchを買って「使いこなせるか?使い切れるか?」を現実的に考えた上で買うのをやめた理由です。

そこまで、通知を早く見る必要があるか?タイマー機能をそんなに頻繁に使うか?他に必要な機能はそこまであるか?

そう考えると、どう考えたって必要ありません。

 

1000円の腕時計にした理由その3:おもちゃとしては欲しいけど

僕はガジェットオタクです。

そして、Apple製品をこよなく愛しています。

なので、おもちゃとしてApple Watchは欲しいです。

いじり倒したいからです。

ですが、実用性の面では、オーバースペックだと思います。

実用性を取るのなら、時間、電波で自動補正、カレンダー、ストップウォッチ、タイマーだけあれば充分です。

なので、おもちゃとして今欲しいのはRolandという楽器メーカーの電子ドラムなので、Apple Watchは、それを買ったあとですね。

優先順位をつけると、そこまで焦って買う必要はありません。

 

ここまでお読みいただきいかがでしたでしょうか?

Apple Watchは安いモデルでも3万ほどはします。

あなたにとっての3万円はどれくらいのウェイトを占めますか?

僕は1000円を超えると高い買い物です。

本当に必要かどうか。

よく考えてみてください。