NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

「数値に疲れたら」肉体労働は頭の体操になるという提案

f:id:monomisuke:20210504144327j:image

こんにちは。

へちょです。

 

みなさんは普段、数値ばかり追っていませんか?

数値ばかり追う仕事は疲れます。

なぜなら、数値は相対的に考えるものであり、実態のないものだからです。

今日、僕はタンスを動かして気づいたことがありました。

それは「身体を動かすことの大事さ」です。

そのことについて以下に解説します。

 

肉体労働をして頭がスッキリした

僕は、サイトのアクセス解析を見るのに正直疲れていました。

SEOは一切考えずにやる僕は、自分の記事がどれだけのリピーターさんに見ていただいているかを観察し続けていました。

でも、ずっと数値の分析ばかりしていると頭の中の世界ばかり。

そこで、タンスを動かすという作業をしました。

タンスをうごかすのにもノウハウがいります。

数値ではなく実際にモノを見て動かす。

それをすると頭がスッキリしました。

実際にタンスをうまく動かせた瞬間、なんとも言えない達成感が生まれました。

この達成感は、数値で得られる達成感より大きいです。

なぜなら、概念である数値ではなく、実際の現実を動かすことができたのですから。

身体を動かすとスッキリする?

頭の中だけの世界にならずに身体を動かすと、スッキリします。

僕は頭の中だけで考えがちなので、定期的に無理をしてでも身体を動かすようにしています。

散歩に行ったり、部屋の模様替えをしたり、片付けをしたりとにかく身体を動かします。

放っておいたら2時間でも3時間でも考え続けてしまうので、強制的にでも身体を動かすようにしています。

身体を動かすとスッキリします。

身体と脳は別々のものでなく一体だからです。

脳だけを使って、視覚・聴覚だけで、パソコンに向かっていることがある意味異常だと言えるのです。

定期的に身体を動かしましょう。

定期的に身体を動かすようにしていると、アイデアも浮かびやすくなりますよ?

ハマり込みそうになったら肉体を動かす

僕はすぐ思考の沼にハマります。

思考の沼とは、底無し沼です。

頭の中だけで底なし沼で足掻いている状態です。

そこから脱出したければ、あるいはその底なし沼にハマりたくなければ、身体を動かすことです。

一番大事なのが、沼に入りそうになったらすぐに身体を動かすことです。

冷水で顔を洗ったり、外の景色を眺めたり、ストレッチをします。

そうすることによって、思考の底なし沼に入らずに済みます。

 

みなさんも、パソコンやテレビばかり見ずに身体を動かしましょう。

活き活きとしますよ?