NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

「ルーティン公開」HSPさんに送る脳に優しい朝活の提案

こんにちは。

ミニマリズムでHSPと向き合うへちょです。

 

僕は HSPのチェック項目に全て当てはまるほどのHSPです。

 

さて、そんな僕ですが、毎朝5時に起きて爽やかに過ごしております。

夜9時には寝て、朝5時には起きるようにしています。

朝5時。

5月ごろだと、太陽が登り始める頃です。

 

太陽が登り始めると、鳥の鳴き声がします。

新聞配達のスタッフさんのバイクの音が聞こえ。

「ああ、朝だあな」と思うわけです。

 

 

HSPさんに送る爽やかな朝活f:id:monomisuke:20210502054835j:image

HSPの僕は「朝の3時間でその日の体調が決まる」とある本で読み、実践しています。

ある本とはこの本です。

脳を最高に活かせる人の朝時間

脳を最高に活かせる人の朝時間

 

 脳科学者、茂木健一郎さんの本です。

 

朝活のルーティン公開

僕の朝活のルーティンを公開します。

なぜルーティンかというと、習慣化することで脳の「選択疲れ」をなくせるからです。

「選択疲れ」についてはこの本を参照してください。

 

自分を操る超集中力

自分を操る超集中力

 

「選択疲れ」とは単純に何か小さな決断でも決断をすることで、脳のエネルギーを使ってしまい疲れると言うことです。

 

だからこそ、僕は毎朝を習慣にしているわけです。

 

では、朝活のルーティンを公開します。

 

  1. 机の上に置いてある2リットルの水道水が入ったペットボトルの水をコップいっぱい飲む
  2. シャワーを浴びる
  3. 冷水で顔を洗って覚ます
  4. MacBookを起動する
  5. Apple MusicでGet Upプレイリストをかける
  6. Twitterで「おはようツイート」をする
  7. Twitterでリプを返す
  8. 朝食にバナナとヨーグルトを食べる
  9. 両親の朝食を用意する
  10. 新聞を取り入れる
  11. ゴミ出しの日だったらゴミを出す
  12. そのままPanasonicのヘッドフォンをして、ウォーキングをする
  13. 途中で朝日をInstagram用に撮影する
  14. 報告・連絡・相談のメッセージを送る
  15. 部屋を片付ける
  16. MacBookとiPhoneと机を濡れ雑巾で磨いて、乾拭きする

ここまでです。

16項目全部でありますね。

 

これを毎日365日続けています。

たまに寝込んでいてできない日もありますが。

 

この朝活のポイントは何か?

この朝活ルーティンで大事なポイントは何でしょうか?

それは。

  • 習慣化
  • 他者貢献
  • 散歩

この3つです。

 

習慣化とは?

何をするかあらかじめ決めてあることで、迷わずにスムーズに朝に行動できます。

「決断疲れ」をなくし、脳のエネルギーを大事なことの決断に使うことができます。

 

他者貢献とは?

両親が快適に生活しやすいように、朝食を用意して、新聞をリビングの机に置いておきます。

人のために朝から何かできると気持ちの良いものです。

また、朝の散歩で犬の散歩をしている人に挨拶をしたりします。

「おはようございます」は最高に気持ちの良い挨拶です。

 

朝の散歩の大事さとは?

どうして朝の散歩がだ大事なのでしょう?

それは太陽の光を浴びることにあります。

太陽の光を浴びることで体内時計がリセットされるからです。

リセットされるとはどう言うことかというと、人間の体内時計は24時間ではないからです。

目も覚めますし、静かなのでHSPの方には朝の散歩はとてもおすすめです。

 

こうやって、脳に優しい朝活をしていると、疲れやすいHSPさんもきっと快適に過ごせると思います。