NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

HSPではなくてストレスで神経質になっている人への提案

こんにちは。

へちょです。

 

僕は最近、思ったことがあるのですが、HSPの僕でも音や光に敏感なレベルが日によって違うと気づきました。

 

特に、対人関係やストレスなどでナーバス、つまり神経質になっているだけでは?

と、思うことがあるのです。

 

完全にHSPの診断項目に合致する人は、HSPだと言えるでしょう。

ですが、HSPでない人でも、一時的に音や光に敏感になることもあると思うのです。

 

だから、何でもかんでもHSPと決めつけず、自分のことを知ることが大事だと思います。

 

ストレスで神経質になっている人への提案

仕事や、人間関係、お金の面の不安などで、神経質になっている方も多いと思います。

それはHSPではなくてストレスからくる敏感さだと僕は考えます。

HSPは慢性的なもので、日常生活に支障をきたしたり、HSPでない人よりつける職業の幅が狭まってきます。

 

そこで、仕事や人間関係のストレスなどで神経質になっている方は、原因となっている仕事を休むか少しペースダウンしたり、原因となっている人間関係に距離を少し置いておくというのも手だと思います。

 

ストレスがかかっている時は誰でもナーバス、つまり、神経質になります。

 

そんな時は、「自分はHSPだから」と早とちりせず、ますは身の回りのストレスと減らしましょう。

 

一番手軽で効果の高い方法は、「寝ること」です。

完全に熟睡するような「意識を失うほどの眠り」にならなくてもいいです。

ベッドで掛け布団を頭からかぶって、何もかもシャットアウトしてしまうことでかなり回復します。

 

そして、やってはいけないことは、ゲームをしたり動画を見たりと刺激の強いことで現実逃避をすることです。

 

これは結局、睡眠の質を落とし、脳に負担をかけてしまい、逆にストレスになってしまいます。

 

他のストレス解消法としては、「自分の思考を見える化すること」です。

こうすることで、自分の頭の中を整理することができ、脳への負担が減ります。

 

また、自分が本当は何で一番悩んでいるかを知ることができ、それを整理することができたら、あとは眠って回復して次の日から仕事に集中できると思います。

 

あまりにも仕事で疲れている方へ

「もう仕事へ行くのが嫌」

「朝が来るのが憂鬱」

 

そう思っている方は2通りの選択肢があります。

  • 仕事を1週間ほど休む
  • 転職する

これができると、回復できる可能性がとても高いです。

 

後者の「転職する」は最終手段にしましょう。

 

今は仕事に疲れているだけかもしれません。

一旦、休みをとって仕事と距離を置くと見えてくるものもあると思います。

 

充実した日々を皆さんが送ってくれることを願っています。