NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

「ファッションのミニマリズム」今日も服に迷わなかった

こんにちは。

へちょです。

 

僕は今日は4日ぶりに出勤です。

 

この4日。

ずっとルームウェアでいました。

リーボックのジャージ(ボトムス)とヒートテックユニクロ)とフリース(ユニクロ)と靴下(ノーブランド)と、ウォーキングシューズ(アシックス)です。

 

これで散歩にも行きますし、家でダラダラしたり、眠る時もこの格好です。

もちろん、シャワーを浴びたり、お風呂に入った時はアンダーウェアは交換します。

 

このスタイルだと、毎日同じルームウェアでいるので、服装に迷いませんよね?

ちなみにこのルームウェアのパターンを選んだのは、たまたま家にあったものをミニマリズムで厳選して選んだだけです。

 

さて、こうやって4日間同じルームウェアでいたわけですが(アンダーウェアは変えています)今日は午後から出勤日です。

こんな日は、仕事着に着替えます。

僕の出勤日の仕事着に着替える時間は決まっていて、出発時間の1時間前です。

それまではルームウェアで過ごして、着替えたら冷たい水で顔を洗って気合を入れます。

基本的に仕事はリラックスしてするのですが、家でのまったり感よりは気合が入ります。

 

さて、僕はグラフィックデザイナーの仕事をしています。

Adobe社のイラストレーターというソフトを使って仕事をしています。

グラフィックデザイナーであり営業ではないので、仕事着はカジュアル系です。

デニム(ユニクロ)とヒートテックユニクロ)とナイロンジャケット(アウトドア系のブランド)このセットは、部屋にいつも置いてあり、今日も服装を選ぶことに迷わないし、服がどこにあるのかにも迷いませんでした。

 

仕事用のカバンの中には100均で買った仕事用のメモ帳とボールペンと水道水の入ったペットボトルが入っています。

 

このように、何もかも準備をしておくと不安にもなりません。

 

 この本を皆さんは読んだことがあるでしょうか?

 

この本に「防衛的ペシミスト」と「戦略的オプティミスト」という言葉が出てきます。

  • 「防衛的ペシミスト」は準備をきっちりするタイプ。
  • 「戦略的オプティミスト」はまずは動き、転けてもタダでは済まさないタイプ。

僕はこの両方のいいとこ取りをしています。

「防衛的ペシミスト」的にきっちり準備をし、「戦略的オプティミスト」的に諦めずに何度でも立ち上がります。

 

このように、ファッションもあらかじめ決めておくことで、服選びに脳のリソースを使わず、仕事に集中できるわけです。