NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

「自分の価値観が究極」人に合わせず本音を言えばいい

こんにちは。

へちょです。

 

みなさん。

流行に敏感ですか?

人と雑談をするときに、流行に敏感だと役立ちます。

様々な方と話がはずみます。

流行を知ることも一種の傾向といっていいでしょう。

 

ですが、僕はこう思います。

「自分の価値観が究極」。

最終的にこれに尽きると思うんです。

 

だから、誰でも自分の価値観を優先すればいいし。

自立した社会人になったら、それぞれ自分の価値観をしっかりと持っているはずです。

だから、空気を読んだり、人に合わせたりしなくていいんです。

自分が人に合わせていると、合わせている自分が、合わせられている人から見るとそう言う人間だと思われます。

どう言う人間と思われるかというと、相手は合わせているだけだと思わず、自分と同じ価値観を持っている人なんだと誤解されてしまうわけです。

と、いうことは、その誤解した相手に一生合わせ続けなければならなくなります。

それは非常に辛いですし、僕ならそんな人間関係はゴミ箱に捨てて、「ゴミ箱を空にする」ボタンを押します。

 

また、カッコつけたり、いい人ぶるのも同様です。

そんな演じた自分を続けていると、自分のことをそういう「カッコいい」あるいは「いい人」として見ている人たちが集まってきます。

これも非常に厄介です、

延々と一生演じ続けなければならないからです。

 

だったらどうすればいいか?

自然体の自分でいることです。

そうすることが人間関係に関するミニマリズムです。

自然体でいて離れていく人がいたら、その人は自分と相性が合わなかっただけで、お互いに気を使ったり苦しまずに済みます。

 

対人関係は量より質です。

同調圧力に屈すると、自分の精神が崩壊します。

最悪の場合、一番の味方をしてくれている存在からの信頼も失い、その最大の味方も去っていきます。

 

自分に自信を持つ必要はありません。

自分の価値観を貫き通して、自然体でいれば、ありのままの自分でいられるグループや人間関係が出来上がります。

 

そして、考えてみてください。

「あなたの価値観」も「わたしの価値観」もそれぞれにとっては究極です。

だから、妥協など一切必要としなくていいんです。

夫婦やカップルなど共同生活をする上では、もしぶつかりそうになったときには、部屋を出たりその場を離れて冷静になって、お互いの理解を深めればいいだけです。

 

もう一度言います。

自分の価値観が究極です。

あなたの価値観も究極です。

 

自分の価値観に従い、自分の本心に従い、我慢せず本音を「マイルド」に言いましょう。