NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

「ミニマリスト的節約術」iPhoneを中古で賢く買う方法

こんにちは。

皆さんはiPhoneを新品で買っていますか?

 

僕は今のiPhoneから中古で買うようにしました。

どうしてかって?

「お金がもったいないから」です。

 

僕は中古ショップを巡って一台のiPhone7と出会いました。

容量は128ギガ、機種代金支払い済み、状態は最上級から二番目。キャリアも対応。値段は定価の4分の1。

 

最高の出会いでした。

僕は即決で買い、3年経った今でも使っています。

 

ところで、iPhoneミニマリストの必須アイテムです。

どうしてAndroidでなくiPhoneかというと、安定性からです。

IPhoneはアップルが出している唯一の端末で、Androidのように複数メーカーが出していません。

端末の形状やサイズも統一されているため、ケースなども豊富です。

また、片遅れでもiOSのアップデートに長く対応してくれるので中古のものを買っても長くお得に使えます。

これが、ものをシンプルに効率的に使う、ミニマリストのための最高のスマートフォンだという由縁だと思います。

 

そして、本題のiPhoneを中古で賢く買う方法。

注意しなければなあひととない要素は3つあります。

  • メルカリなど個人から買わない、中古ショップで買う
  • 機種代金支払いが済んでいるもののみを買う
  • 状態はあまり気にしなくていい(動作すればいいのだから)

まず初めに、なぜメルカリでiPhoneを買わない方がいいのでしょう?

それは中古ショップ(僕の場合はハードオフ)のように、前の所有者の機種代のローンがまだ残っているかの確認を個人でできるとは思えないからです。

ハードオフでは「機種代のローン支払い済み」を保証していますので、万が一、前の所有者が機種代を払っておらず端末が使えなくなったとしても、交換か返金の保証をしてくれます。

こういったサポートがあるので、メルカリなど個人売買より、保証のあるハードオフなどの中古ショップで買うのがお得です。

 

ちなみに、前の所有者が機種代の支払いを怠るとどうなるかということをハードオフのスタッフさんに聴いたところ、キャリア側から強制的に使えなくされるとのことです。

ここに関しては確実ではありませんが、必ず、機種代のローンが完済されているもの、また、その完済の保証がされているものを買ってください。

 

そして、形状など状態はどのようなものでもいいと思います。

気をつけなければいけないのはバッテリーぐらいでしょうか?

バッテリーの状態が悪いことはiPhoneを使う上で致命傷になるのでバッテリーの状態はしっかりと確認しておきましょう。

 

ちなみに、僕がiPhone7を買ったハードオフでは、全端末バッテリー交換済みでした。

このようなところも、中古ショップのいいところですね。

 

さて、僕のiPhone7も長いこと使ってバッテリーがへたってきました。

Apple公式ではない中古ショップでバッテリー交換をお願いしようと思います。

 

ちなみに、僕は最近iPhone7を落としてしまってディスプレイにヒビが入ったので、バッテリー交換時はディスプレイの交換もしなければなりません。

 

どうしてかApple Storeに行ったとき聞いたところ、iPhoneのバッテリー交換は画面に吸盤をひっつけてディスプレイを剥がして交換するので、ディスプレイが割れていたら、吸盤で引っ張った時に、画面は100%割れてしまうからです。

 

この対策として、次からは画面も透明のプラスチックケースで覆うタイプのカバーを買おうと思っています。

Amazonで1000円ほどで売っており買えない額ではありません。

 

今回はiPhoneの賢い買い方を紹介しました。

皆さんも是非、中古ショップに行ってみてください。